仕事と趣味を両立させたくても無理は禁物

SNS疲れ

今回は気持ちを整理するために書いています。

以前自宅待機になってからというもの、趣味にのめり込むようになりました。具体的に言うと無人島開発とお絵描きですね。体が弱いぶん、人より我慢することが多く。そのタガが外れてしまったのだなと今ならわかります。

無論、通常出勤になってからもその熱は冷めることがなく。しかしこれ以上は体に響く。そろそろ休もう。でもやめたくない。ゲームもやりたいし、もっと絵の練習がしたい。

その気持ちを抑えることが出来ないまま、騙し騙し仕事をしながらも趣味にのめり込んだ結果…身も心もすり減らしてしまう結果に。あと一歩遅ければ倒れていたと思います。

その前にやめられただけでもよかったなぁと。

今は派遣なので基本定時ダッシュが可能。つまり平日2〜3時間と土日を使って趣味の時間を捻出することになります。

絵を描きまくりたい気分だったときはあっさりブログを捨て(捨てるな)、キリのいいところまであつ森を進めつつお絵描きも楽しむ!そんな目標を立てました。

結論から言うと破綻。

ソシャゲもゲームもお絵描きも全部やるのは土台無理

ただでさえ二足の草鞋を履こうとしていたのに、ソシャゲで推しのイベントが来るわえふじーおーくん間も開けずにイベント連発するわ…

でもそれもやりたかった。推しのイベントだったのもあるし、FGOは早くやらないとネタバレ喰らうので。

なぜネタバレするかと言うと、ツイッターを使っているからです。ブログ用のTwitterはやめたのですが、趣味用のアカウントは持っているので。

TLでは日々素敵なイラストが山のように流れてきます。それを見る度に自分の画力のなさに打ちひしがれ、嫉妬し、もっと上手くなりたいと気持ちばかりが焦り。余計に無理をしてしまったんですね。

早く投稿しなくちゃと焦るあまりに雑な絵をアップしてしまい、見てくれる人も評価も減っていく悪循環に陥ってました。悩みドツボにハマり色んなキーワードでググりまくりました。もっとも、そんなヒマがあるなら休めと今なら言えます。

色々検索して辿り着いた記事を読み、ようやく目が覚めたくらい。

学生時代は今より体が弱くて絵の練習をする余裕もありませんでした。それは強烈なコンプレックスで、無意識のうちに自分を追い詰めていたのだと思います。仕事で絵を描いているならともかく、ただの趣味なのに。

しかもその間もちょくちょく無人島開発してましたしね。アホか。ただでさえ人より体力がないのに無茶し過ぎ。我ながら。

そんな状況でもなんとか休まずに仕事は行けていたものの、体からは「このままじゃやばいよ」と言わんばかりに眼精疲労首肩こりが悪化。仕事中も集中しにくくなったりと本末転倒。

幸い仕事が繁忙期ではなかったのでどうにかなっただけで、ここでようやくこのままじゃまずい!と焦りが出たわけです。遅い。もっと早くに休んでれば今頃肩こりもよくなってたわ!

仕事と趣味を両立するためのルール

そこでようやく自分ルールを決めました。

  • ブログは最低週1回更新
  • 絵は描けるときに描く
  • 疲れている時はブログもゲームもやらない
  • ソシャゲは一番最後、やらなくてもいい

こんな感じですね。とにかくあれもこれも、全部やろうとしない。これに尽きます。特にソシャゲは優先順位の後ろの後ろに持っていきました。

人より体が弱いのになんでもかんでもやろうとしたのがそもそもの間違いなので。

ブログ更新も理想は週2〜3日なのですが、仕事や体調、何より大好きな趣味と折り合いをつけるため週1更新できればOKと決めました。

絵も平日できそうな時は30分とか1時間でコツコツ描く。ツイッターの浮上頻度も大幅に低下。今はとても快適です。

毎週のようにイラストや漫画を更新出来る人もいればそうじゃない人もいる。自分は現状どうあがいても後者。なら、時間がかかってもいいから自分が満足いく絵が描きたい。最近ようやくそう思えるようになりました。

あとはゲーム。ゲームも子どもの頃から本当に大好きで生き甲斐なのです。だから切り捨てることはできない。

でも、絵を描くならその日はやらない。ゲームするなら絵は描かない。でないと眼精疲労で死ぬ。せめてこれを徹底するつもりです。

そもそも早くやりたいクリアしたいってなるのも、ツイッター開けばネタバレが目に入ってくるからで。ふせったーとかで配慮してくれる人ばかりでもないし。だから他人のいいねを流すなとあれほど

そんな感じでやること、やらないことを整理したらようやく気持ちが軽くなってきました。そもそも原因の半分以上がツイッターじゃん笑えない。上手く使える人にはいいんだけど、そうでない人は距離を置いた方がいいよ。ほんとに。

交流してる人に申し訳ないと思うなら「忙しいので」とか一言ツイートしておけばいいと思う。

色々書いてきたけど、体が弱いからって好きなことをあきらめたくない。でも、だからといって仕事だけに人生を捧げるのは嫌だ。

これからも失敗することはあるだろうけど、そのたびに上手く両立できる方法を見つけて実践していきたいと思います。

だって、自分の人生だしね!