【Excel VBA】勉強していくうちに難しい理由がわかってきた

【Excel VBA】勉強していくうちに難しい理由がわかってきた

どうも、ホシタニです。
絶賛Excel VBA勉強中でめちゃくちゃ壁にぶち当たっております。

ただ、勉強していくうちに難しい、なぜつまずいてしまうのかがわかってきました。

VBAの書き方はひとつじゃない

まずこれ。正解がない。
厳密にいうと書き方が複数あるんですよね。

きちんと動けばどんな書き方でもOKというか…。もちろん可読性、メンテナンス性が高い書き方をする必要はあるけど。なので初心者のうちはどう書けばいいのかわからなくなりがち。私もそうでした。

勉強するうちにわかったのは、シンプルで読みやすいコードがいいということ。もっともここにたどりつくまでにも時間がかかったという…

私はよくExcelとVBAの入門解説|エクセルの神髄を参考にしています。良い例、悪い例の書き方が載っていてなぜこう書くと良いのか、なんでこう書くとよくないかがわかってきます。ちょっと難しいけどね。

論理的思考が必要

ここでもつまづきます。そもそもまず日本語で実現したい内容を書くのが難しい。

でもそれが出来ないとVBAで書きようがないし…こればかりは慣れるしかないようです。数をこなしてようやく少し慣れてきたところですね。

必要なVBAコードが見つからない

これも必要なコードを探している時に強く感じました。

色々まとめてくれてるサイトはあるのだけど、超初心者向けかガッツリ開発ガチ上級系に分かれているというか…その中間くらいの実用的なコードが知りたいの…事務でよく使う系とか、時間短縮系みたいなの。

まぁこれは自分の探し方がよくないだけかもしれないんですけどね。コピペして必要なとこだけ変えたいのに、そのコピペ元を探すのに手間取ってます。

とはいえ仕事の進め方や書式は会社によって違うわけで、自分が知りたいドンピシャなコードがネット上にあると思わない方がいいのかも。まるまるコードを探すのではなく、ひとつひとつ必要な操作を確実に探すしかないのかなと思い始めてます。

その組み合わせで必要なコードを組み立てていく。地道だけど今のところこれしかないのかなと。

とにかく手を動かして慣れるしかない

色んな本やサイトで言われてますね。とにかく手を動かせ、数をこなせと。

私自身練習問題の繰り返しでなんとか基礎の基礎は理解できたので、手を動かすのが大事だというのもよくわかる。わかる、けど。いざ自分でコピペしたコードいじったり一から組むとエラー吐くんですよねぇ!!泣いてしまう。

それをひとつずつ解決していくのも時間がかかるし…エラーメッセージ何言ってるかわかんないし。

とにかく。

Excel VBAに関してはこれまでに書いた通り、『ある程度思った通りに動かせるようになる』までのハードルが多い。だから途中で投げ出してしまいがち。少なくとも関数使いこなせるようになる過程ではこんなに心折れなかったもん。だからこそマスターしたいんですけどね。

身に付けるのが大変なものは差別化になるし、VBA自体は時代遅れだなんだと言われることもあるけど、今まで出来なかったことを勉強して損することはないと思ってるので。

後からこの記事を見返したときに「ここでつまづいてたなぁ、あの頃は理解できてなかったなぁ」と感じられるようになりたいものです。

いつになることやら!