UQモバイルのプランを超シンプルに比較してみたよ

かれこれ10年以上…ガラケーの頃からドコモのお世話になってきました。

格安スマホも考えてはいたんですけど、発表前に下手に動いて値下げしたらやだなぁ…と待ち続けた結果がアレ。

ようやく乗り換えを決意することができました。固く決意。らくらくスマホ使ってるうちの母すら決意が固い。

乗り換えるとLINEのID検索ができなくなるとか、キャリアのメールアドレス使えなくなるとかは大したデメリットじゃないし。

私は結構ゲームやるので安くてもガクッと速度が落ちるのは嫌で。値段と速度のバランスを考えるとやっぱUQモバイルなんですよね。

格安系の中ではむしろ高めなんですけど、キャリアから初めて乗り換えるにはぴったりかなと。節約モードも魅力。てかこれが大きい。

ただ、プランがちょい複雑なので整理が必要でした。めちゃくちゃシンプルにまとめたので乗り換え迷ってる方は読んでみてね!めっちゃがんばったよ!!

UQモバイルのプランを超シンプルに比較

わかりやすくするために

キャッシュバックなし
増量オプションなし
自宅にWi-Fi環境あり

この状態で最安値プラン同士を比較します。金額は税込

(我ながらめっちゃわかりやすいと思う)

基本的にはデータ高速+音声通話プランの圧勝です。

もちろん各プランにはメリットデメリットがあるので、自分に合うかどうかの確認は必須。

その前にまず乗り換えにかかる費用から見ていきましょう。

乗り換えにかかる費用

これも金額は税込です。

MNP転出料2,100円
SIMパッケージ料金 3,120円
違約金(更新月以外)10,000円~

電話番号を引き継ぐならMNP転出料が、後は乗り換え時の手数料がかかります。

最低でも5,000円、違約金を含めると15,000円以上かかると思ってください。端末を買い替えると充電器や保護フィルム、ケース代も必要に。

ただし、それでも。

現在2GB+通話で毎月5,000円以上のプランなら違約金を払っても元が取れると思って大丈夫です。

データ高速+音声通話プランが一番おトク

  • 一人暮らし
  • 対応端末所持
  • ほとんど電話しない

こういう方はデータ高速+音声通話プラン一択です。

まだスマホを買い替える必要がない方はまず対応端末をチェック。

後述するおしゃべり/ぴったりプランと違いずっと定額で3GB使えます。

毎月3GB以上使う場合はデータ無制限+音声通話プランですね。税込で2,900円ほど。

しかも2年縛りがなく、12ヶ月以降なら違約金も発生しません。
契約解除料は発生しますか | よくあるご質問|【公式】UQ mobile

その分デメリットもあります。

デメリット

無料通話分なし、各種割引なし、初期設定はすべて自分で

加えて通話料金を節約するには別途G-Callなどの契約が必要に。クレジットカードをあちこち登録したくない人にはおすすめできません。

無料通話なしで平気、設定も問題なくできるよという人には最適です。

自分で設定できることが前提

申込後に説明書が送られてきますし、すべて自分で出来る人にとっては一番割安でおトクなプラン。

キャッシュバックの恩恵も受けやすいですしね。

ただよくあるご質問を見て自力での設定に不安があるなら、キャッシュバックを捨ててでも店舗で契約した方が確実です。このあたりは悩ましいところ。

続いておしゃべり/ぴったりプランについて。

家族で乗り換えるならおしゃべり/ぴったりプラン

よくCMなどで見かけるのがこのプラン。イチキュッパとかイチヨンパとか聞きますよね。

これ、本来税抜き2,980円(2GB)だけど1年目は1,000円引きということ。これは誤解しやすい。

特徴を一言でまとめるとこんな感じ。

おしゃべり/ぴったりプランの特徴

2年縛りがあるがマンスリー割(端末割引)と家族割が受けられる

各種割引を受けられますが無料通話があるのでデータ高速+音声通話プランよりも割高。1,000円引きも最初の1年限定です。

このプランは以下の条件にあてはまる場合におすすめ。

  • 家族2人以上で乗り換え
  • スマホも同時に買い替える
  • 多少電話することがある
  • 割高でもいいから楽がしたい

家族割適用のためには最低でも家族2人がこのプランにする必要があります。

例えば母はおしゃべりプラン、子どもがデータ高速+音声通話プランだと適用されません。

おしゃべりとぴったりの違い

おしゃべりは5分以内の国内通話が掛け放題。ただし5分を超えると30秒につき20円かかる。

ぴったりは1ヶ月〇分まで無料でかけ放題。増量オプションなしでプランSは30分、プランMで60分まで。

とはいえおしゃべり⇔ぴったり間はいつでも変更可能なのであまり気にしなくて大丈夫。

増量オプションが2年間無料

新規契約と同時に増量オプションに申し込むと何と2年間無料。

ただしオプション分は別途自分でチャージする仕組み。自動で勝手にチャージされないため注意が必要です。

増量オプションありだと使えるギガ数が増えてぴったりプランの無料通話分数が倍になるので便利です。

2年目以降必要なければ外すことも可能。

おすすめ端末

  • iPhone7
  • AQUOS sense2

ネットから選べる中だとコレです。店舗でもらえるカタログだともう少し多かったですね。

HuaweiとOPPOのスマホはコスパ高いけど中国企業なので、国産にこだわる人はAQUOS安定かな。

UQに欲しいスマホがなければネットや家電量販店で買うしかないのですが、その場合マンスリー割が受けられないのでデータ高速+音声通話プランの方が安上がりになるという…。

この辺りは人によって事情が異なるのでよく検討してみてください。

デメリットも大きい

割引も大きいですがデメリットも大きめ。

おしゃべり/ぴったりプランを選ぶなら把握しておきましょう。

  • 2年縛りあり(自動更新)
  • 2年目からは+1,000円
  • データ高速+音声通話プランへの変更はできない

上ふたつはわかるんですよ。それでも他の割引でカバーできますし。

ただし3つ目、テメーはダメだ

孔明の罠か。せめて2年以上使った人だけでも変更可能になれば…これ実現したらUQ一強になると思う。

2年後の基本料金(オプション込)

というわけで端末の支払いが終わった後、すなわち2年目の料金を概算してみました。

税込で大体こんな感じ

えっと、私、今2GBで6,500円くらいなんですけどw ワロタwwwww ワロタ…増量オプションと端末保証つけても2,000円くらい安くなるじゃん…

この金額だと2年後も使い続けるか、別の会社に乗り換えるか悩んじゃいますね。通信速度より安さを重視するなら変えた方がよさそうです。

自分に最適なプランを見つけよう

今回は自宅にWi-Fi環境がある前提で最安値プランを比較しました。

データ容量は翌月まで繰り越せるので、必要以上に高いプランにしなくても大丈夫。

注意点としては、家族で乗り換える場合でもSIMフリースマホは別に買ってデータ高速+音声通話プランにした方が安い場合があること。

値段を取るか、無料通話分と毎月の割引を取るか。このあたりは事前に比べる必要があります。

それでも大手キャリアを使い続けるよりおトクなのは確実。一度検討してみてくださいね。

格安スマホならUQモバイル