無理せず確実に貯金するコツ【必ず毎月1~3万円貯められます】

無理せず確実に貯金するコツ【必ず毎月1~3万円貯められます】
通帳を見て青ざめる人

貯金が無い人「仕事を辞めたいのに貯金が無い…月1~2万でもいいから貯金したいけどなかなかうまくいかない…」

そんな悩みにお答えします。

この方法なら一人暮らしの方でも月1~3万円、実家暮らしの方なら月3~5万円を無理せず確実に貯めることができます。

月1万円でも年12万円。月2万円なら24万円、月3万円で36万円です。もう少し頑張って、毎月4~5万円貯めることも可能です。積み重なればとても心強いですよ。

目次

【重要】節約することを目的にしてはいけない

【重要】節約は目的ではない

あなたが貯金をする目的は何ですか?

仮に「仕事を辞めた後の生活費を確保するため」とします。今から節約について説明しますが、その前にひとつだけ。

節約は特定の期間だけやればいいんです。

これ、とても大切なことです。「節約すること」が目的になってはいけません。あくまでも「〇〇のためにいくら必要だからこの期間は節約しよう」というスタンスでいてください。

節約していても、本当に欲しいものや自己投資になるものは買っていいんです。むしろここに関しては削らない方がいいくらいです。

節約しないといけないからといって、すべてを切り捨てる必要はありません。そこだけは、安心してくださいね。

貯金をする時には貯金したい!お金に困りたくない!を実現するために必要な本質的な考え方をはじめ、節約ブログ「ノマド的節約術」を何度も参考にしていました。様々な角度からの情報がつまっていて本当にお世話になっています。こういったサイトに目を通すだけでも意識が変わりますよ。

それでは、具体的な方法を説明します。自分が実際にやってみて、簡単で効果が大きかったことに絞ってまとめました。

STEP1. 「今すぐ必要じゃないもの」は買わない

「今すぐ必要じゃないもの」は買わない

今すぐできる上に、節約効果が非常に高いんです。これだけでも月3千円~1万円はすぐに浮きます。

じゃあ何が「今すぐ必要じゃないもの」なのか。例を挙げます。

  • タバコ
  • お酒
  • 菓子類
  • ガチャ課金
  • 漫画や小説

共通点に気が付いたでしょうか。

無くても生活に支障がないものです。

「いやいやこれが無いと生きてけないよ!完全に絶つのは無理!」そうですね。私も漫画がないと生きていけません。そういう場合は買う頻度をグッと減らすだけでもOK。それに生活がさみしい。

自分なりのルールを決めて、これだけは!というものは買っていいんです。例えば「コウペンちゃんの新刊だけは買ってもいい!」とか(*´ω`*)

1ヶ月に使っていい金額を決めて、必ず守りましょう。実際にやってみると「本当に必要なのか?」と常に考える癖がつきます。無駄遣いを抑えられるようになるのでメリットがとても大きいです。

自分は元々タバコが大の苦手、胃腸が弱くお酒が飲めない。なのでここに関しては最初から0円でした。

しかしオタクなので漫画やイラスト資料の類はバンバン買ってしまうという…さらに食べること大好きなのでおいしそうなお菓子やパン、アイスもすぐ買っちゃう。全然人のこと言えません。

ここの出費が大きかったため、節約中は「絶対お菓子買わない」「漫画も買わない」を貫き通しました。

貫いたというか、そうせざるを得なかったんですけどね。だって口座に残高ないんだもん(´;ω;`)

ここを実践するだけでも本当に違います。

STEP2. 支出を把握して固定費を減らす

支出を把握して固定費を減らす

毎月「何に」「いくら」使っているのか。完璧に把握できてますか?

私はできてませんでした\(^o^)/

そこで、以下のような感じで書き出してみましょう。PCでもノートでも何でもいいですよ。

(1)家賃 〇万円
(1)医療費 〇万円
(1)奨学金返済 〇万円
(2)通勤定期 〇万円
(2)その他必要な物 〇万円
(3)水道・光熱費 〇万円
(3)食費 〇万円
(3)スマホ代 〇万円
(3)書籍 〇万円
(3)交際費 〇万円
(3)洋服 〇万円
(3)美容 〇万円
(3)趣味 〇万円

「うわっ…私の支出、多すぎ…?」(懐かしいですね)

毎月「何に」「いくら」使っているか…こうして目で確認すると驚きますよね。自分も書き出したあとはびっくりしました。趣味には湯水のようにお金を使ってましたね/(^o^)\

名目の前の(1)は何か?節約できるかどうかの分類です。以下の通り。

  • (1) 節約できないもの
  • (2) 毎月ではないが定期的に必要なもの
  • (3) 節約の余地が大きいもの

(1)は家賃、医療費、奨学金の返済など減らしたくても減らせないものです。つらい。なのでここはスルーしましょう。(2)は通勤定期、美容院、コンタクト代などですね。毎月ではないものの、(1)と同じで確実にかかる固定費と考えてください。

(3)が最重要です。最も節約の余地が大きい名目です。優先順位を考えて可能な範囲で減らしてみましょう。

例えば、週2~3回はコンビニでお昼を買わない、飲み物は水筒で持参。ご飯は多目に炊いて1食分ずつ冷凍保存…小さなことでも積み重なれば大きな節約。人にもよりますが、ここを見直すだけで1~2万円減らせる場合も多いです。

繰り返しますが、ギリギリまで切り詰める必要はありません。これまでの支出を見直して、減らせそうなところを減らす。それだけで大丈夫です(`・ω・´)

STEP3. 自動積立定期預金で確実に貯金

自動積立定期預金で確実に貯金

STEP1、STEP2で少なくても月2~4万円は浮いているはず。ここで浮いた諭吉さんを「確実に」貯金するにはどうするか。

そう、自動積立定期預金です。

通常貯金から自動的・定期的に定期貯金に預入する貯金です。忙しくて窓口に行けない方もコツコツとお金を貯められます。

自動積立定期貯金

前もって引き落とされるので「ついお金を使ってしまう…」ということは起こりません。超安心。経験上、まずは月1~2万円で様子をみるのがおすすめです。いきなり月3万とか5万にすると急な出費が必要になったとき大変です(;^ω^)

まずは確実にできる金額から。余裕があれば毎月の金額を増やしてみましょう。こうして貯まったお金はいざという時あなたを守ってくれます。

半年以上貯金が続いたら意識してほしいこと

半年以上貯金が続いたら意識してほしいこと

それは、意識して口座残高を残しておくこと。数百円でも数千円でもいいので、口座残高を常にプラスにしてください。

自己投資、大きい買い物、交際費などのお金はここから使います。自動積立定期預金は緊急時用にして、普段は絶対に手をつけない。「いざという時のお金」だからです。

例えば、30万円貯金があるとします。積立定期に30万円全てを入れておくこともできます。しかし、個人的に口座残高が常に15万円、積立定期15万円にしておく方が便利でした。

自由に使えるお金が多すぎるとつい使い過ぎてしまう。かといって全て貯金に回すと今度は本当に必要なものを買いにくくなる。

そこで「自由に使えるお金」と「いざという時のお金」のバランスをとる。自己投資や好きなものを買いつつ、いざという時のお金を貯める。これが一番無理なく確実に貯金が続くスタイルだと思います。

無理せず確実に貯金するコツまとめ

無理せず確実に貯金するコツまとめ
  • 1. 「今すぐ必要じゃないもの」は買わない
  • 2. 毎月の支出を把握する
  • 3. 自動積立定期預金で確実に貯金

まずは今の状態から「口座残高10万円&積立定期10万円」を目標にしてみてください。

ここがクリアできれば口座残高50万円、積立定期50万円にもいずれ到達できます。自由に使えるお金が50万円、いざという時のお金が50万円ある。心に大きな余裕が生まれます。

ぜひ実践してみてくださいね!