ブログ収入の住民税申告してきました(郵送で)

住民税納付書

ついにこの時が来てしまった。

住民税申告!!!!!

なんとか終わったので随時まとめていきます。

確定申告は不要でも住民税申告は必要

完全赤字は卒業したけどやることは増えた。

確定申告は不要だけど、住民税申告は必要。こういう状況の人けっこういると思うんですよ。

忘れずにやっておかないと脱税になりますからね。これからブログ始める人とか特に気をつけてね。白色申告でも記帳義務があるので。

平成26年以降、すべての事業者について記帳義務が課されることになりました。以前は少額な所得しかない白色申告者については記帳義務が免除されていたのですが、現在では規模の大小や申告の種類に関わらず、記帳義務があります。

白色申告者の記帳義務化、帳簿の保存期間と罰則について | クラウド会計ソフト freee

住民税申告の下準備

  • 源泉徴収票の用意
  • 仕訳帳の作成
  • 封筒を買っておく

まずは収入や経費の仕訳から

自分の場合、会計ソフトで事前に済ませてあります。

元々ブログ用の専用口座作ってたのでそれと連携。サーバー代とかアドセンスは毎月仕訳(金額固定のものは自動でやってる)。詳しくはこれ読んでね。

仕訳が事前に済んでさえいれば、ほぼ終わったも同然です。

終わってない人は早目にやっておこう!!!

居住地の住民税について調べる

自分が住んでる市ではどういう申告方法があるのか、いつまでにやればいいのかなど。

各市のHPで確認しておきましょう。個人市民税でヒットすることもあるよ。

こんな風に、たいてい申告書作成ページや概要をDLできるページがあるので、内容を把握しておきましょう。

確定申告の本を何か1冊読んでおくだけでも違います。本屋さんで読んでみてわかりやすいのを買えばいいと思う。

それと自分は郵送で済ませる気満々だったので、角形2号と普通サイズの封筒を買っておきました。

住民税申告書の作成

居住地の公式ホームページから住民税申告書作成のページにいけるかと思います。

そこで源泉徴収票と会計ソフトから収益と経費の金額を入力していく感じ。入力間違いがないことを確認したら印刷(書き損じ用に2枚印刷した)

作成時に入力できなかった部分は手書きで記入します。

モレがないか確認

氏名、住所、連絡先、マイナンバー、提出日など

申告に必要な書類

  • 源泉徴収票
  • 収支内訳書
  • 運転免許証と通知カードのコピー(またはマイナンバーカード)
  • (控と返信用封筒)

あとはこのサイトの見本のように、封筒に宛名を書くだけ。一応赤字で「〇〇税申告書在中」と書いておいた方がいいかと。〇〇税のところは自分の地域の呼び方を入れるよ。

必要書類がすべてあること、記入モレがないことを確認。問題なければ直接持ち込むもよし、郵送するもよしです。

私は郵送したんですけど、クリアファイルに必要書類を入れておけばよかったと後から気が付いた。

収支内訳書も入れておく

※2020年3月追記

ネットで調べたら「雑所得ならいらないよー」という記事が出てきたのでそういうもんかと。なので作りもせずに申告書と必要書類を郵送したら、なんと確認の電話かかってきたんですよw めちゃくちゃびっくりした。

「合計の金額しかないので内訳がわかるものを…」ということでした。要は収支内訳書です。いるのかよ!!!!!!!と内心ツッコんだけど前もって聞かなかった自分も悪い。

MFクラウドだと自動的に事業所得になってしまってるので、数字は会計ソフトを参照しつつ国税庁のサイトで収支内訳書のみ作成することに。

国税庁公式から確定申告書の作成に進んで

決算書・収支内訳書を選択。

あとはe-Taxか郵送か、青色か白色かを選びます。この場合は白色。

念のため、会計ソフトで仕訳した分と各ASPの売上が合っているかチェック。こちらがわかりやすかったです。

あとはASPの社名と所在地、収入金額と経費を入れればOK。自分は必要なとこだけpocketに入れてます。来年もお世話になる。

最後に保管

提出用とは別に、申告書・収支内訳書・仕訳帳を保管しておくと安心

必要書類がすべて揃ったら、データと紙で保存しておいてください。一応こういう決まりになっているので。

白色申告に該当しないのにここまでやるのか…と思う人もいるかもしれませんが、万が一の時は自分を守ってくれますので。というかここまでやるなら白色申告してもよかったのでは(小並感)

郵送するなら簡易書留が安心

必要書類OK!添付書類もOK!

一応封筒は角形2号に。A4が折らずに入るサイズのです。クリアファイルに入れると親切かな。送り状はどちらでもいいと思う(収支内訳書だけ送り直した時はさすがに入れた)

封筒の書き方はこれを参考にしました。赤字で「住民税申告書在中」的に。

あとは切手を貼ってポストにポイ!でも、いいのですが。

割高でも安心感を求めるなら簡易書留で送ることを推奨します。私もそうしました。

引き受けから配達までの郵便物等の送達過程を記録し、万一、郵便物等(ゆうパックを除きます。)が壊れたり、届かなかった場合に、原則として差し出しの際お申し出のあった損害要償額の範囲内で、実損額を賠償します。

簡易書留
一般書留に比べて、料金が割安です。万一の場合の賠償額は、原則として5万円までの実損額となります。
簡易書留では引き受けと配達のみを記録します。

書留 – 日本郵便

簡易書留だと履歴が残るので万が一の時も安心。せっかくがんばって作った申告書がどっかで紛失したとか、届いてなかったとか目もあてられませんからね…

提出して2週間以上経ちますが、特に問い合わせも来てないので大丈夫でしょう。多分。きっと。

また何かあれば追記します。