【復職に向けた休職中の過ごし方】療養→生活リズムを整える→リハビリがベスト

【復職に向けた休職中の過ごし方】療養→生活リズムを整える→リハビリがベスト
休職中をどう過ごしたらいいのか不安な人

休職中をどう過ごしたらいいのか不安な人「休職中ってどう過ごせばいいんだろう。体調を崩したとはいえ長いこと休むのは会社の人にも申し訳ないし…できれば復職したいし、何か目安を知りたいな。」

体調を崩して休職中の方、または休職すべきか不安な方向けの記事です。

私自身、新卒で入った会社でうつ病と喘息を発症し半年間休職したことがあります。その時の経験から退職する前にまず休職すべき…と伝えるようにしています。

病院の先生や家族のサポートもあり、何とか半年で職場復帰するところまで快復することができました。

しかし、当時はググっても自分が探していた情報が見つからず…途方に暮れましたし、本当に不安でした。このまま過ごしていて、いいのかと。

経験して分かったのですが、休職中は3段階の過ごし方があります。自分自身の失敗談も交えつつ、各段階で「これだけやっておけばOK」「これはNG」ということをまとめました。

この記事を読み終わる頃には、不安が少し解消されると思います。

休職直後~ 無理せず安静に過ごそう

体調を崩してしまっているので、まずは安静に。病気の症状にもよりますが、ゆっくり体を休めてくださいね。

私の場合、「療養3ヶ月」→「生活リズムを戻すのに1ヶ月」→「復職に向けたリハビリに1ヶ月」という感じでした。

ただし、これまで無理をした期間が長ければ長いほど、療養にかかる時間も増えます。そういうわけで、できるだけ早い段階で休職してほしい…というのが正直な気持ちです。

とはいえ、通常なら半年~1年程度(会社の就業規則にもよります)の休職は可能です。その間に療養を終えるだけでも、後々とても楽になります。

その代わり「やった方がいいこと」と「やってはいけないこと」を守ってください。

療養中にやるべきこと

できるだけ食べる、つらいときは横になる、必ず薬を飲む

この3つだけです。

私の場合はうつ病だったので、本当に何もできませんでした。

親にも、よくしてくれた職場の方にも申し訳なかったし、何かしたくてたまらないのに、体がまったく動かず…。本当につらかったです。

顔を洗ったり、お風呂に入ったりといったことができそうになければ、無理にやろうとしなくていい。とにかく楽に。体が求めることをしてあげてくださいね。つらいのに無理に起きようとしなくて大丈夫。

食事も可能なら栄養に配慮したいところですが…実家暮らしの方は家族のサポートを、一人暮らしの方は友達の力を借りたりネット通販を使うのもアリです。体調が悪いのに料理とか無理ですからね…。

あとは、指示通り薬を飲むこと。これだけは守ってください。でないと、治るものも治らなくなってしまいますから。

できれば少しでも調子がいいときに「日々の症状や気持ち、不安に思っていること」をメモしておくとより良いですね。

体調によってはうまく状態を説明できない時もあります。そういう時は予め用意したメモを主治医の先生に渡すだけでも、診察が楽になりました。

この記事も参考にどうぞ。

あと他にやってはいけないこととして

この時期絶対にやってはいけないこと

布団にスマホを持ち込む、ネットサーフィン、会社のことを考える、自分を責める

はい、これらすべてダメです。全部です。

起きてる時にスマホゲームをしたりするのはいいのですが、布団やベッドに持ち込んだらアウトです。スマホの明るさで目が冴えて寝られなくなるので。これは療養中、絶対にNGです。

次に「病気や症状について調べすぎる」のもNG。なぜなら、まだまだネット上には間違った情報が氾濫しているから。

参考にするなら、以下の方々をフォロー推奨してます。きちんと医学的見地に基づいた情報を発信されており、とても勉強になります。

療養中に自分を責めても意味がない

布団から出られない人

とは言ってもこの時期は何とか起きててもヒマで。

ヒマであるがゆえに「あんなに仕事があるのに…こんなに休んで本当にごめんなさいごめんなさい」と思っては泣いてました。

だとしても、会社に対して申し訳なく思う必要はありませんよくなった今だから言えます。

転職後、職場に持病の悪化で休職した人がいました。周りはその人の持病を理解していましたし、職場でアレコレ噂する人も嫌味を言う人もいませんでした。私も代わりに仕事を受け持つことに特に不満もなく。

実際の現場はそんな感じです。嫌味を言うのは病気を理解できない人なので、気にするだけ損。職場にはそんな人ばかりでないし、あなたのことを気にかけてくれる人だっています。

もっと言うと、あなたが休んでいても仕事が回るのが、本来は当たり前のことなのです。あなたが体を壊すほど働かなければいけなかった、その環境を放置していた会社が悪いのです。だからあなたが自分を責める必要は、これっぽっちもないんですよ。

不安な時にググっても答えは見つからない

また当時は今後のことがとても不安で色々調べまくってました。

けれどこれや!と感じる情報は見つからない。かといって本を読む気力はまだなくダラダラ2ch(今は5ch)とか見てしまって余計にネガティブになる…という悪循環。

あなたもネットを見て落ち込んだり、自分を責めてしまうくらいなら…ひとまずるるてあさんのツイートを見てみましょ。コウペンちゃんに普段から触れてことばを真似してみると自己肯定感アップの練習にもなります。

おすすめの公式動画とかまとめてみたのでぜひ。

不安な時、落ち込んだ時、自分が嫌になってしょうがない…そんな時はいったんコウペンちゃんに会いに行ってあげてください。療養中にネガティブな言葉や情報に触れると気持ちが落ち込みますし、体調もそれに引きずられてしまいますから。

それか、余力がある時はdアニメストアとかで面白いアニメなんかを見てた方がはるかにいいですよ。

これは私自身後悔してることです。2chを見続けたりひたすらググりまくっても何も得られなかったので…。

この時期はとにかく無理せずゆっくり休むのが一番大切。休職期間満了までにある程度快復するだけでも、その後がまったく違います。

ゆっくりしっかり休んで、少しずつ読書など気分転換をしたくなってきたら…ようやく次の段階へ進むときです。

休職中盤~ 生活リズムを整えていこう

体調が良くなってきて、起きられる時間が増えた。好きなことをやりたい気持ちが出てきたらいい傾向です。読書するもよし、アニメ見るもよし…気分転換をしていきましょう。体調が快復しつつある証拠です。

これまでは横になっていたり、しんどくて寝てることも多かったと思います。ここからは少しずつ、生活リズムを整えていきましょう。とはいえ、この段階でも無理は禁物です。決して飛ばし過ぎないように。

生活リズムを整えるポイント

早寝早起き、栄養バランスの取れた食事、無理をしない(どうしてもしんどい時は昼寝)

早寝早起きといっても7時半~9時の間に起きるくらいで大丈夫です。いきなり7時起きとか無理なので。この時間帯に起きられたら、カーテンを開けて、おひさまの光をいっぱい浴びて。「起きれて、えらい!」と一言声に出してみてください。

夜は22時就寝を目標に。夜更かしすればするほど、朝起きれなくなっちゃいますから。

食事もできるだけバランス良く。野菜多目、豚肉や鶏肉、青魚などを意識して食べるだけでも違います。先ほどフォローおすすめした津川友介さん(@yusuke_tsugawa)の著書も参考にしてみてください。

また、どうしても起きていられないときは、思い切って昼寝しちゃった方がいいです。心療内科の先生にも言われたのですが、起きれる時はひとまず起きて、どうしてもダメなら昼寝した方が規則正しい生活に戻しやすいそうです。

これは自分も実践したので実感しておりまして、起きれる時は早起きした方が自信になります。体調が悪ければ無理に起きない。無理せず、少しずつ進めていけば大丈夫です。

あと食事についてはこの本もおすすめ。

で。

この段階で絶対にやってはいけないこと

求人情報を見る、転職サイトに登録する、激しい運動や無茶をする

この段階で転職活動は絶対にNGです!

どの病気でも一般的に当てはまることですが、体調が良くなってきた段階が一番危険なんですよ。まだ完治したわけではなく、少しの無理で再び悪化しやすいから。

復職に向けて体を慣らしたり、もしくは転職活動の準備をするのは「リハビリ」段階に進めるようになってから、です。この段階は生活リズムを整えてリハビリに備えるための時期。焦りも出てつらいことも多い時期ですが、ここで焦って無理をしたら、また療養からやり直しです。

早起きできた日がある。何か本を読めた。アニメやドラマを見れた。これだけですごいことなんです。どんなに些細なことでも、何かできたら自分を褒めてあげてください。

7時台起き~22時台就寝が習慣になり、昼寝をすることも減ってきたらいよいよ最後の段階です。

休職終盤~ 復職に向けて体を慣らそう

ここからは実践的な内容になります。生活リズムを整えてきたので、運動するなり勉強するなりスムーズに運ぶと思います。

リハビリにおすすめなのは

  • 外へ出る(軽い運動)
  • PCの勘を取り戻す
  • 勉強
  • 復職や転職活動の準備

まずはできるだけ意識して外出したり、運動して体力を取り戻していきましょう!

会社の人に万が一出くわしたら、胸を張って

今はリハビリ中です。体力が落ちてるので運動するように主治医の先生から言われました

と言ってみましょう。本当のことだし嘘をつくこともないです。その上で何か嫌味を言われたらスルーしちゃいましょう。そういう人は言ってもわからんからね。

それに加えて仕事内容の復習や、タイピングの勘を取り戻すことも大切。ビジネスニュースサイトや、自分が好きなブログで練習するのもアリです。

この段階なら、復職に限らず転職活動の準備を始めても大丈夫です。ただし、あくまでも準備のみ。職務経歴書をまとめておくだけでも、サイト登録が楽になるのでおすすめです。

  • ダラダラ過ごす
  • 無理をし過ぎる
  • 本格的な転職活動

リハビリ中は、復帰に向けた下準備の時期。せっかく作った規則正しい生活リズムを崩すと、後々自分が苦労してしまいます。

ただし、本格的に転職活動をするなら復職後か、主治医の許可が出てからの方がいいです。自己判断は禁物。体が動くようになってきて「あれもこれもしなきゃ」となる気持ちはよくわかります。だからこそ、自分で無理をしないようセーブすることを意識してほしいのです。

繰り返しますが、焦るあまりに無理をすると、いずれ必ず自分に返ってきます。せっかくここまで良くなってきたのですから、がんばりすぎなくていいんです。

休職中はとにかく無理をしない。きちんと段階を踏むことが復職につながる

休職中はとにかく無理をしないこと。きちんと段階を踏むことが復職につながります


「療養」→「生活リズムを整える」→「リハビリ」の順に進むのが経験上ベストだと思ってます。

各段階にかかる時間は人それぞれです。繰り返しですが、休職中に療養をするだけでも後々とても楽になるんです。なので、最大の期間まで休職してリハビリまで進めなかったとしても、まったく問題ないんです。療養が終わるだけで、気持ちは少し前向きになれます。できることも格段に増えます。

この記事を読んで、ほんの少しでも休職することへの不安を減らせたら幸いです。

この記事を書いた人

ホシタニ