ペイジーでの振込が便利。クレカ払いをしたくない時に重宝してます

ペイジー ATM

ホシタニです。

絶賛イオンカードQUICPay活用中なのですが、ちょっとした問題にぶち当たりペイジーに手を出しました。はい。

実際に支払いをしてみたところ。カードが使えない、もしくは使いたくない時には選択肢に挙げてもいいんじゃないかなと感じました。

無論メリットデメリットはあるので、他の決済手段と比較した上で使うか決めてくださいね。

ペイジーを使えるようにした理由

それは某ネット通販で起きた。

ネット通販用に作ったJCBカードW(なお現在完全にQUICPay専用)。もちろんそれで支払うつもりがなんと、JCBだけ対応しておらず。

するとVISAかマスターカードなのですが、そっちはバリバリ私生活で使ってるのでネットに登録するのは気が引ける。やっぱりメインで使ってるカードに何かあったら怖いし。

結局その時はコンビニ払いにしたのですが、領収書に自分の名前が印字されるんですよね(知らなかった)店員さんの目に入ってしまうとは…いえ、ほとんどの店員さんは気にも留めていないと思うのですが、万が一覚えられたりしたら嫌だなーと。珍しい苗字の方なんか特に抵抗あるでしょうし。

うーん、どうしたものか。そんなこんなで色々調べるうちにペイジーにたどり着きました。

Q ペイジーは他の支払い方法と何が違うのですか?

A ペイジーは、今まで金融機関や郵便局の窓口とコンビニ窓口でしか支払うことの出来なかった税金や各種料金を、パソコン・携帯・ATMなど金融機関が提供する様々な方法を利用することにより、とても簡単に支払えるサービスです。


Q 「振込」との違いは何ですか?
A 「振込」では、振込先の金融機関名・支店名・口座番号や振込金額を入力して指定する必要がありましたが、「ペイジー」では請求書に印刷されるなどの方法で通知される番号をインターネットバンキングやATMの画面から入力すれば、支払金額が自動表示されるため、簡単な操作で支払うことが出来ます。
またペイジーでは、ほとんどの場合、支払いごとの手数料は発生しません。

よくあるご質問 | いつでも、どこでも、ペイジー。

要は簡単に振り込めるサービス。実際に簡単でした。

私はたまたまゆうちょダイレクトを使ってたのでそこから支払ってます。

それ以外の金融機関でも使えるので安心。

ペイジーのデメリット

ポイント還元等はありません。ここ大事。クレカ払いにすればもちろん支払った額に応じたポイントが貯まります。

ここに関しては自分がどちらを優先するか、ですね。

ネット通販用に作ったカードが対応していない、もしくはカード自体を登録するのに抵抗がある時の選択肢になるかなと。

コンビニ払いも楽だけど急に行けなくなることもありますしね。いやぁ良い時代になったものだ。

ペイジーのメリット

お次はペイジーを利用するメリット。ざっとまとめてみました。

クレジットカードを使わずに支払いが可能

これ地味に大きいと思うんですよ。クレカを登録する必要がない。かといってコンビニまで行く必要もない。ネットバンクが利用できれば自宅から振込もできちゃう。

通販サイトでペイジー払いをしましたが、画面遷移だけで口座登録もしなくてよかったので。

ただし、最初に書いた通りこれはデメリットでもあります。どうしてもポイント還元は受けられないので…。使うならそこは頭の片隅に留めておいてくださいね。

税金や公共料金も支払える

基本的なものは支払い可能だったと思う。

該当するものはここから確認できます。

念のため取引内容の画面などは控えておく(または印刷)とよいかと。銀行や郵便局で直接振り込むのと違い自動で控えが出力されるわけではないので。

ATMやネットバンクから即時決済できる

ペイジーのロゴマークがあるものに限りますが

  • ATM
  • ネットバンク

このいずれかで振込が完了しちゃいます。私は極力家から出たくないのでゆうちょダイレクトを使用。

ゆうちょ銀行以外にも対応している銀行は多いです。

というわけでペイジーについてでした。

クレジットカードのポイント還元も捨てがたいので迷うところですが…こういう方法もあるのだと知っていて損はないですからね。あとは自分の生活スタイルに合わせて使うかどうか決めれば良いので。

  • 普段の買い物はメインのカードや電子マネー
  • ネット通販は専用のカード
  • その他必要な時はペイジーで支払い

基本やキャッシュレスでポイントを貯めつつ、不安があればカードは使わずペイジーで。そんな感じで使い分けています。

さすがにこれ以上支払方法は増やさないと思う…。管理できなくなっちゃうので。

こちらもどうぞ