趣味を仕事にしない。あくまでも趣味に留めるという選択肢

無人島開発

ごきげんよう。ホシタニです。

えーと、このブログはですね。人の役に立つことをコンセプトに続けておりますが。調子良く週に2〜3本更新することもあれば、1ヶ月以上何も書かないといったがたびたび起こります。

そういう時は大抵趣味に没頭してたりします。それ言うと、このブログも実益を兼ねた趣味の一環なんだけど。ほら、やっぱりゲームの引力には勝てないというか何というか。

趣味は趣味だから楽しい

何当たり前のこと言ってんだ?と言われそうですが。楽しいですよね、趣味。

先ほども書きましたが、自分の場合ゲームに読書(漫画含む)、お絵かきなんかが該当します。更新が滞ってる時はたいていこのどれかにうつつを抜かしている。至福の時。ブログ書けや、とは思うけどそういう時に無理しても納得いく記事にならないんですよね。なので開き直ってやってしまう。

以前はブログ用のTwitterもやってましたが、今は完全に趣味用のアカウントしか持っていません。特定とかしないでね。仮に特定されたら多分こっちを消すと思う。それくらい、私にとって大切なことなのです。

今思えば、パワハラで病んだのも趣味に使える時間が取れなかったのも原因のひとつなので…好きなことに没頭する時間は、やっぱり何物にもかえがたいんですよ。

趣味や好きなことを仕事にする必要はない

よく好きを仕事にしよう!とか聞くけど、そうしたら壁にぶち当たった時や苦しくなったときに逃げ場なくなるじゃん、と思います。もちろんはじめからプロを目指してる人はその限りではありませんが。

このご時世、兼業で小説書いたり漫画描いてる人も多いですし、リスクヘッジすごいなぁと尊敬してます。体力と意思がないと続けるので難しいもん。

ただ、一般的に趣味は売り上げとか顧客の要望に応じるとか、そんなこと一切関係なく好き勝手にやれるから楽しいんですよね。同好の士とわいわい盛り上がって。

趣味が高じて仕事になる、くらいまで没頭しなきゃいけないという決まりもなし。好きにのめり込んで、好きなだけ楽しめるのが趣味のいいところ。ゲームなら実況動画にYouTuberやVTuber、漫画なら商業を目指す選択肢もあるけど、なまじマネタイズに走ったせいでこれまで通り楽しめなくなる部分は確実に出てくるよね。

そのあたり覚悟の上で飛び込むのも、このまま趣味の範囲で楽しむのも自分次第。

個人的には、勝算やダメだった時の備えがない状態で安易に飛び込むことはおすすめしない。そのあたり問題なければチャレンジするのはアリだと思う。自分の人生だしね。ただし備えは大切。マジで。

なんだかんだいって趣味がある、のめり込める何かを持ってる。それってものすごく幸せなことだよな思ってます。生きるのが楽しくなるし、つらいことも忘れられるし。多分私は一生、なんだかんだゲームやってお絵かきしてると思うな。

…って。なんか良い話っぽくしてるけど、この記事のアイキャッチおかしくね?無人島だよね。もちろん、無人島といえば!!

あつ森!!!!!!発売おめでとう!!!!

友人からアドバイスを受けたので今回はチケットでDL版買いました。ポケモンでミラクル交換やりたさにオンライン会員になってたのでね。

チケット購入後期限まで1年あるので、今あるラインナップから無理に選ぶこともしなくていい。5,000円以下のソフトは買えないようになっているという親切っぷり。任天堂に一生ついていく。

さようならこのブログ。

しばらく無人島にこもります。いってるそばから!