派遣会社からの仕事紹介は断っても大丈夫。断る時に意識してほしいこと

派遣会社からの仕事紹介は断っても大丈夫。断る時に意識してほしいこと

前回の記事はこちら。
» 派遣の登録会ってどんな感じ?必要な準備から当日の流れまで【体験談】

タイミングが良ければ、登録会の時点で希望に沿った求人を紹介してもらえることがあります。

派遣会社の複数登録をしていれば並行して進めることはできます。ですが基本的に1つの派遣会社で複数の求人に応募することはできません。※エントリー後の話

特に顔合わせに進むようになると、派遣会社から仕事を紹介されることが増えます。顔合わせに落ちた時も新しい案件を紹介してもらえます。ただ、いつも希望の条件を満たしているとは限らない…これがつらいところ。

断るにしても「断り続けたら何も紹介されなくなるんじゃ…?」と不安ですよね。

はい。
結論から言うと派遣会社からの仕事紹介は断っても大丈夫なんです。

その理由と断る時のポイントを簡単にまとめました。

派遣会社からの仕事紹介は断っても大丈夫

派遣会社からの仕事紹介は断っても大丈夫

基本的に「いやこれはどう考えても無理…」と感じる案件なら、はじめから断った方がいいです。

これは自分のためであり、同時に派遣会社のためでもあるからです。

仕事を無理に引き受けても良いことがない

希望からあまりにかけ離れた仕事を引き受けると、自分と派遣会社双方にとって良いことはありません。

私たち側のデメリットとしては

  • 合わない条件で働くのはつらい
  • 短期間で契約終了する可能性が高い

こういう条件の中で働くのはつらいです。それに最低でも契約期間中は働き続けないといけない。

途中で辞めるにしても、派遣先と派遣会社双方が納得できるような理由がないと難しいです。

そして最初の3ヶ月は乗り切ってもダメだった…ということで契約終了したとします。 長期前提の仕事でやむを得ない事情がない場合、派遣会社の心証はどうしても悪くなります。

聞いていた内容と違っていた、どうしても辞めざるをえない状況になってしまったのなら話は別です。

しかし最初から「これは無理かも…」とわかっていたなら断る方が無難。

せっかく勤め始めたのに数ヶ月で辞めるのは嫌じゃないですか。なので「これは無理だ」と初めからわかっているなら、その時点で断った方がいいのです。

「何でもいいからとにかく働きたい!」ということでなければ、なおさらすすめることはできません。

加えて、合わない条件で仕事をすることは派遣会社にとってもデメリットが大きくて。

  • 顔合わせに進んでから辞退される方が大変
  • すぐ辞める人はクレームの原因になる

次に派遣会社側のデメリットを考えてみましょう。
「エントリー」→「社内選考」→「顔合わせ」→「採用」という流れで進みます。

派遣会社から仕事紹介が来るのはほぼ「エントリー」か「社内選考」のタイミング。この時点ではまだ派遣先は関わっていません。

この段階で派遣社員側から「条件が合わないので…」と断りの連絡が入ったとします。それなら別の人に案件を紹介するだけで済みますよね。

これが逆に、断るタイミングが顔合わせまで進んだ後だったら?採用して派遣先で働き始めた後だったら…?

もうおわかりですよね。
派遣先に対しての説明や手続きが必要になってしまうのです。

合わない条件を吞んでも私たち派遣社員側と派遣会社側、双方にとって良いことがありません。

ちなみに同じ職場のベテラン派遣社員さんにも聞いてみたところ「条件が合わないならその時点で断った方がお互い楽だよね」とのことでした。

妥協できる要因がないのであれば、無理に条件に合わない仕事を受ける必要はありませんよ。

仕事紹介を断る時のポイント

紹介を断る時に気を付けてほしいことが、以下の2点。

仕事紹介を断る時に気を付けてほしいこと

理由をきちんと伝える&派遣会社を責めない

まず断る決め手となった理由をしっかり伝えましょう。どうしてもダメな条件はコーディネーターさんにも知ってもらっていた方がいいので。

派遣会社に一言いってやりたくなる時もありますが、これもグッとこらえて。

わかります、「何で明らかにダメな条件の仕事紹介してくるの!?」と憤る気持ちもよくわかります。自分もそうでしたから(^-^;

ただ、そうして紹介しているのはあなたに対してだけではないんですよね。派遣会社側も「この条件だと受けてくれる人は少ないかも…」というのはおそらく分かっています。

ですが派遣先から要請があれば、派遣スタッフを紹介しないといけない。業務ですし。だから仕事を探している人にはひとまず連絡してみる、と。

なので派遣会社を責めたり、トゲのある話し方はしないでほしいのです。

自分の印象が悪くなるだけですし今後良い案件を紹介してもらうチャンスを逃しかねないからです。

しっかり断る理由を伝えて、派遣会社のことも責めない。

これだけ守っていれば、干されたり仕事を紹介されなくなる…なんてことはありませんよ。安心してくださいね。

実際に紹介を断った例

参考として自分が断った時の条件を挙げておきますね。

  • 駅から徒歩30分以上
  • 残業が月30~40時間以上
  • 引継ぎ後はワンオペ 確定

自分は喘息持ちで体が弱いため、駅近かつ残業少なめだけは妥協できませんでした。なので断る時は必ず伝えてました。

「引継ぎ後はワンオペ」はちょっとびっくりしましたね。引継ぎ後は業務を担当するのが自分だけ…という感じで。やはり不安が大きかったのでお断りしました。

あと3年働きたかったので産休代理も断っていました。半年~1年でも構わないという人は無理に断る必要はないです。

ただ、時給に関してはできるだけ妥協しない方がいいですね。高望みはもちろんダメですが、あまりに低すぎる時給の案件も断った方が良いです。

詳細はこの記事にまとめています。
» 派遣社員が時給交渉するために必要な条件って?営業さんに確認してみた

できれば電話で連絡を

できれば電話で連絡を

電話の方が細かいニュアンスが伝わるので、可能なら連絡は電話で。断る時もきちんとしていればかえって好印象にもなります。

それに電話だと「他求人の社内選考状況を確認したり、公式サイトにまだ載ってない案件が来ていないか」を聞くことができます。※今の派遣先はこれで入りました

信用を得つつ、情報収集も兼ねられるのでおすすめです。

派遣会社の仕事紹介は断っても大丈夫。ただし選り好みはNG

ベテラン派遣さんにも聞いてみたのですが、やはり同じ意見でした。

最後に補足だけ。

「どうしても譲れない条件がある」のと「条件を選り好みする」ことは全然違います。それでも、完全に希望を満たす仕事は派遣でもなかなかありません。

どうしても譲れない条件を2~3個まで絞り、他の条件に対しては柔軟に考えるのがベスト。あまりにこだわり過ぎるのも考えもの。

どうしても無理な紹介は断りつつも、柔軟に対応していってくださいね。

次の記事派遣社員が時給交渉するために必要な条件って?営業さんに確認してみた

この記事を書いた人

ホシタニ