【体験談】派遣先での顔合わせ流れまとめ+当日確認しておきたいこと

【体験談】派遣先での顔合わせ流れまとめ+当日確認しておきたいこと

初めて顔合わせに行くときはやはり緊張するもの。

前回は顔合わせに臨むための準備について書きました。万全の状態で顔合わせに臨むためです。
» 派遣の顔合わせ前に準備しておいた方がいいことは3つ

ある程度準備をしても、やはり当日どうなるか不安ですよね。

そこで今回は、顔合わせ当日の流れについてまとめました。

派遣先での顔合わせ当日の流れ

派遣先での顔合わせ当日の流れ

顔合わせ当日の流れを簡単にまとめるとこんな感じ。

基本的には「事項紹介&スキルの確認」→「業務内容の説明」→「職場見学」という流れで進んでいきます。

所要時間は15~30分くらいのことが多いですね。かかる時間は派遣先によって大きく違うので参考程度に。

それでは、顔合わせに行く前に気をつけて欲しいことから説明します。

まずは派遣会社の営業さんと合流

おそらく、事前に待ち合わせ場所と時刻を指定されているかと思います。

できれば余裕を持って10分~15分前に到着しておくのが良いです。理由は後述します。

特に夏場だと少し歩いただけでも汗をすごくかきますよね。涼む時間があれば、汗だくで顔合わせ本番を迎えることは避けられます。

質問したいことは営業さんにも聞いておこう

営業さんと合流したら、気になっていることや心配なことは聞いておきましょう。

特に質問したいことがあれば「こういう質問をしようと思うんですけど」と相談してみてください。

顔合わせ前の準備にも書いていますが、何らかのアドバイスがもらえるからです。

事前にトイレで身だしなみを整えておこう

私これで失敗したのでお伝えしておきます。

事前にトイレで髪や化粧を整えるつもりだったんですけど、営業さんが割とギリギリにきて行けなかったことがあるので(^-^;しかもその顔合わせは落ちましたw

営業さんが時間ギリギリに来るタイプの人でも、自分が早めに来ておけば先に済ませておくことができます。なので時間に余裕を持って到着するのが重要なんです。

また、ここでついでに確認してほしいことがひとつありまして。

POINT

トイレや洗面台がキレイか確認!

トイレがキレイ、新しいかって結構モチベに関わりますからね。できるだけ化粧直しついでに確認しちゃいましょう。

顔合わせ本番

顔合わせ本番

いよいよ顔合わせ本番。

営業さんが先導してくれるのでついていけば大丈夫。担当さんがいる部屋に案内されたらハキハキとあいさつを。

自分もはじめは「あれこれ突っ込んで聞かれたらどうしよう…」と、とても不安でした。

しかし、実際は結構あっさりしていました。

まずは簡単な自己紹介とスキルの説明から。このとき、無理に笑顔でいなくて大丈夫です。自然体でいきましょう。

テンプスタッフの場合は事前にまとめたシートをもらえているので、見ながら説明すればOK。長々と説明するよりは、要点を簡潔に話す方が伝わりやすいですね。

いざとなれば営業さんがフォローしてくれます。営業さんだってあなたが採用されたら成績になるわけですから。

次に、派遣先から担当してもらう業務について説明。それについてスキルや実務経験が問題ないか、軽く質問されることがあります。

最後に質問があれば確認を。

先方の説明で解決していたり、特に聞きたいことがなければ無理に聞かなくて大丈夫。

これで顔合わせは終了です。

顔合わせ後は職場見学

顔合わせが終わると、大抵の派遣先で職場見学に移ります。

顔合わせは打合せスペースや会議室で行われますが、職場見学では実際のフロアを見せてもらえます。

雰囲気やどんな人がいるか直接知る機会でもありますが、派遣先の方からも見られています。最後まで油断せず。気を引き締めて。

ちなみに、個人的に職場見学の時に確認しておけばよかったと思うことがこれ。

POINT

電話がナンバーディスプレイか

自分は地方在住で、これまでSlackを導入しているような企業で勤めた経験がありません(早く業界問わず標準仕様になってほしいのですが…)

まだまだ電話を使っている職場は多いです。

で、昔勤めていた職場はナンバーディスプレイがついておらず…電話対応が苦手になった原因でもあります。

幸い今の職場は普通にナンバーディスプレイ付きの電話で。主要取引先は登録されているので、電話がかかってきた段階の安心感がすごいです。なった瞬間から「〇〇会社だ」とわかりますから。

特に電話対応が苦手な人は確認しておくといいです。ナンバーディスプレイがあるだけで心理的負担が6割くらい減るので…。

顔合わせ後に断るのはアリ?

顔合わせが終わると営業さんから「ここで働けるか」を確認されます。

基本的には受けるのが普通。ですが、どうしても無理、断りたい…というケースもあるでしょう。

状況によりますが、その場合は断っても大丈夫です。

特に、以下のようなケースに該当する場合はこの時点で断った方がいいです。

  • 事前に聞いていた内容と違う
  • 職場の雰囲気がどうしても合わない

例えば担当する業務内容が事前に聞いたことと違っていた。残業が少ないと聞いていたのに、実際はかなりありそうとか。あとは職場見学してみて、あまりに雰囲気が悪いとか…

とにかく、ここで働き続けるのはどうしても無理だと感じる場合は断った方がお互いのためです。

同じ職場のベテラン派遣さんに話を聞いた時も、顔合わせ後に辞退したことはあるそうです。「明らかに無理だという条件があるのにそこで働いてもつらいだけ」だと。

それに働き始めた後は余程の事情がない限り、最初の契約期間までは働くことになってしまいます。

無理をして1ヶ月や3ヶ月で辞めてしまうくらいなら、顔合わせの時点で断り、長く働けそうな職場を探す方が吉です。

ただし。繰り返しますが断っていいのははっきりとした原因がある場合のみ。

「何となく嫌だな~」くらいで辞退するのはNG。営業さんからの信用も落ちてしまいます。

あとは顔合わせの結果を待つだけ

お疲れさまでした。これで顔合わせは終了です。あとは結果を待つだけ。

もし、「なかなか派遣会社から結果の連絡が来ない…」という時は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

次の記事派遣会社から顔合わせ結果の連絡が来ない→問い合わせるのが確実です

この記事を書いた人

ホシタニ