派遣の顔合わせで落ちるのはよくあること。落ち続ける時の対処法とは

派遣の顔合わせで落ちるのはよくあること。落ち続ける時の対処法とは

以前に「顔合わせ結果の連絡が来ない時は問い合わせた方がいい」という記事を書きました。
» 派遣会社から顔合わせ結果の連絡が来ない→問い合わせるのが確実です

派遣会社から連絡が来ても、うれしいこととは限りません。

私自身、何度も落ちたことがあります。

顔合わせに行けたらほとんど採用されるんじゃないの?どうして?自分だけこんなに落ちるの?何がよくなかったんだろう…

不採用が続いた時は悪い方に考えて落ち込み、自信を無くしていました。

後でわかったことなのですが、顔合わせで落ちることは珍しくないし、自分に原因があるとも限らないのです。

今回は

  • 顔合わせで落ちた時の気持ちの切り替え方
  • 顔合わせで落ち続ける時の対処法

これらについてまとめます。

顔合わせで落ちた時の気持ちの切り替え方

顔合わせで落ちた時の気持ちの切り替え方

派遣会社からの連絡をそわそわして待ち、「残念ですが…」と連絡が来たらやはり落ち込みます。

ですが、次のことを知っているだけでも気が楽になりますよ。

派遣の顔合わせで落ちることは珍しくない

顔合わせで落ちることは決して珍しいことではありません。

特に、初めて派遣登録した人は不利なことが多いです。ですがあくまでも多少。スキルを満たしていて信用できそうな人ならいずれ受かりますよ。

そこでまず、落ちた原因が自分にある場合を考えてみましょう。

  • スキル不足
  • 経験不足
  • 顔合わせでの印象が悪かった

派遣先が求めるスキルに届いていなかった。これまでの実務経験が不足していると判断された。顔合わせで良い印象を持ってもらえなかった。

思いつくのはこんなところでしょうか。

ただ、これらの条件は顔合わせに進めた段階でクリアできているはずなんです。

顔合わせに行ける時点で条件は満たせている

そうです。

顔合わせに行く前には社内選考がありますよね。

そこを通過している時点で必要な条件は満たせているんです。

派遣先が求めるスキルを持っている。
必要な実務経験がある。
電話対応が信頼できる。

これらを総合的に判断して、派遣会社が「この人なら」と顔合わせに選んでくれているのです。

なので結果がダメだったからといって、過剰に落ち込む必要はないんですよ。

自分に原因がなくても落ちることはある

顔合わせで落ちた時、自分に原因がないケースもあります。

よくあるのが他社競合

私も落ちた時はほとんどが他社競合で…この場合はどうしようもできません。あなたに問題があったわけではないからです。

実務経験がより豊富な人がいた。
高いスキルを持っている人がいた。
派遣先と同年代の人だった。

理由は様々ですが、あなたが劣っているのではなく「派遣先が合うと判断した」から。

20代でも40代でもそこの職場に合わなければ落ちますし、受かる時は受かります。厳しいようですが、これが事実。

顔合わせに落ちてた当時の自分はこんな感じ。

  • 20代後半
  • MOSエキスパート持ち
  • 正社員経験あり

結構有利な条件に見えると思います。それでも普通に落ちてました/(^o^)\

じゃあ、そうすればいいのでしょうか。

顔合わせで落ち続ける時の対処法

顔合わせで落ち続ける時の対処法

顔合わせで落ち続ける時にできることは、この2つです。

POINT

①営業さんに聞く
②とにかく数をこなす

ひとまず、営業さんに「直した方がいいところがあれば教えてください」と聞いてみましょう。

特に、顔合わせでの話し方や受け答えに問題があった場合は有効です。「次はこうしてみましょう」など、アドバイスがもらえるだけでも気持ちが違います。

ただし「特に問題がないんですよね…」という答えが返ってくることも。実際に言われたことがあります。じゃあどうしろと(^^;)

そういう場合は、割り切って数をこなすしかないです。あとは派遣先との相性の問題なので。

逆に落ち続けたことで自信がなさそうに振る舞うと逆効果。スキルや受け答えに問題がないのなら、堂々としているのが一番ですよ。

結果に一喜一憂せず、どんどん動いていきましょう!

地道に動いていれば、いずれ幸運が舞い込んできますから。

次の記事【派遣初日の流れと注意点】基本スーツで遅刻と忘れ物しなければOK

この記事を書いた人

ホシタニ