【ゴールデンカムイ】アニメDVD 支遁動物記感想~姉畑先生の一生をその目に焼き付けろ~

ゴールデンカムイ23巻 アニメDVD同梱版

申込みが解禁となり秒で書店へダッシュして早数ヶ月。受け取りましたよ。えぇ。

これは漫画のみの通常版ですが…アイキャッチ画像は同梱版の箱の一部を撮影したものです。完全受注生産限定だったので転売とかで買わないでくださいね。この表紙がそのままデザインされた箱を手渡されて「こちらの商品でお間違いないですか?」と店員さんに言われたときのいたたまれさったらなかった。宇佐美は悪くないけども。

コミックスの内容に関しては宇佐美のやべー過去が明らかになったり(さすがにドン引きしたし鶴見注意ホント色々な意味でやべー奴製造機過ぎる)、ウパシちゃんの一件で心に傷を負ったりしました。先に漫画読んでからアニメ見ればよかったかな!いやどっちからでも大して変わないなこれ。ただただ永倉さんが癒しだった(推し)

あえて話の核心には触れずに、TV版での全カットが妥当な判断だったDVD版の感想をしたためていきたいと思います。ドジっ子マタギ谷垣や不穏な尾形もいますが本質はそこじゃあない。気になる人はググらない方がいい。絶対にだ。特にコウペンちゃんとかが好きな人には絶対おすすめできない作品なので。棲み分け大事。

危険を察知した人はお手数ですがブラウザバックをお願いします。

というかよくOVAとはいえ世に出たなホント…。

ゴールデンカムイ23巻 アニメDVD同梱版(支遁動物記)

到着してすぐ受取りに行ったまではよかったんですけどね。なかなかね。心の準備がね。出来なくてですね。結局開封するまでに1週間を要しました。

いやさぁ、だってあれだよ!? あの姉畑支遁ぞ!????

生半可な覚悟では視聴など出来ぬ。

自分でも思ってた以上に動揺していたのか、ハサミでビニール切ってたら勢いつき過ぎて背表紙に傷がついたくらいです。野田先生ごめんなさい。

DVDのパッケージが全力で笑わせにかかってくる

たとえば同梱版の箱裏側なんですけどね。

ゴールデンカムイ 姉畑支遁 アニメDVDパッケージ

そりゃ震えたよ。色々な意味で。

しかもですね。パッケージの装丁自体がほんともうふざけてる。こんな感じの煽り文が随所にちりばめられていて、一見当たり障りのない文章に見えるけれども的確に話の内容を紹介している感がすごい。公式の悪ノリが過ぎる(ほめてる)

さすがに画像は載せられないので参考までに似たような画像というか、なんていうかこう、あるじゃないですか。

小学校の図書館によく置いてある偉人の漫画。パッケージデザインが完全にこういう感じで箱から取り出した瞬間天を仰いだ。絶っっっ対狙ってやったでしょ関係者は訴えたら勝てる気がする(小声)

モンスター(親分と姫)は黒と紫が基調のパッケージで、特に遊び心もなく至ってふつうのアニメDVDという装いだったのにどうしてこうなった。モンスターはモンスターで装丁と内容のギャップがひどいことになっていたけども!!

あと今回もついてたおまけの乱入シールも使いどころなさすぎて爆笑しました。マジで使いどころいつだよ。落ち込んだ時にそっと取り出して眺めようと思います。

姉畑支遁役 堀秀行さんの熱演がすばらしい

堀秀行さんに何やらせてんのもう!!!!!!!!

タイガーマスクやぞ。ウォーズマンやぞ。フェニックス一輝やぞ。大御所も大御所やぞ。しかし快諾したのもそんな堀秀行さんなのであった。何度見てもキャストコメントが笑えるので好き。

実際にアニメ見るとですね。これがもう姉畑先生そのものでした。イメージしきれなかったはずなのに声がイメージそのまんま。チカパシも懐いた優しさや穏やかさあふれる声なのに、隠しきれないヤバさをはらんでいる感じがしっかりバッチリ表現されておりました。プロの声優さんほんとすごい。

「大好きだからねぇ~!」

の再現力の高さよ。漫画でもナレーションが先生のこと応援してたけど、アニメだと立木文彦の声で応援するもんだからさすがに耐えられなかった。応援するたびに熱量が上がっていくの頼むからやめてほしい。

アシリパさんと杉元の顔芸も健在

TV版だとどうしてもスケジュールの関係で作画が崩れがちになるけども、DVD版だとやっぱり作画が良いんですよね。作画がいいということは、ゴールデンカムイ名物の顔芸も忠実に再現されているということです。

一番好きなのは姉畑先生追っかけてる最中にヒグマの痕跡(何とは言わない)を見つけたふたりのやりとりですね。表情に加えて杉元役の小林親弘さんの演技が完璧でした。TV版の時も想ってたけど小林さん、ほんとギャグパートの演技が上手いよね。原作のシュールな感じをよく表現してくれてる。

ラストのアシリパさんが蛇ぶん投げるところもすごかったな。表情の作画と白石晴香さん渾身の叫びが。きりえちゃんやってた人とは思えない。

いやもうほんともう、とにかく筆舌に尽くしがたい作品でしたね。定期的に見たくなる謎の中毒性。尾形の名言は(多分)カットされてたし完全再現はやはり難しかったようですが期待以上でした。はぁ。私は一体何を見せられたんだ

ただひとつ、作画スタッフ動画スタッフ作画監督のみならずこのアニメ制作に関わったすべての人が「今俺何やってんのかな…」的な虚無状態に陥らなかったかが真面目に心配です

素晴らしい仕事を本当にありがとうございました。