【FE風花雪月】紅花ルートのネタバレなし感想とか

FE風花雪月 タイトル画面

ホシタニです。

今更も今更なんですが、FE風花雪月をやっとこさクリアしたので記念に感想を残しておきます。前からやろうやろうと思っていたんですけど、予想外にあつ森に時間を取られてなかなか手をつけられなかったんですよね。

評判通りめちゃくちゃ面白くて引き込まれました。シナリオ100点道徳0点と巷で言われているように心を抉られる展開(主に2部)は多かったけど、後味が悪いものではなかった。

とりあえず60時間いかないくらいでクリア。気になってるけどまだ手を出していない人、ぜひプレイしてほしい作品。

これから買う人はLiteより新型Switchの方がおすすめ。できるならテレビに接続した方が色々やりやすいと思う。特に修道院内のカメラワークが酔いやすいので。慣れるまで少し大変でした。でもそれ以上に面白いよ。

【最初に】FE初心者向け注意点

感想の前にこれだけは言っておきたい。

とても大切。初心者は黙ってノーマル/カジュアル。ハード以上を選んでいいのは過去作クリア済の人だけや。いわんやルナティックをや。

自分はむかーし友達から借りて結局クリアできなかった思い出があるので迷わずノーマルカジュアル。それでも序盤の模擬戦から2人倒れた。ド下手の極み。クラシックなら強制ロストだからカジュアルで正解だった。

初心者にはこれでもきつい場面があったくらい。慣れてなくてヘッタクソだったのもあるけど。

どれくらいヘタクソだったかというと

  • スキル交換と戦技交換をしてなかった
  • 騎士団適当に配置してた
  • 敵の攻撃射程を認識してなかった

どれも致命的ィ!

習得したスキルも戦技も、身支度からちゃんと選んで装備させないと意味がないんだってば!昨今のソシャゲに慣れ過ぎて習得したら発揮されるもんだと思ってた。

騎士団は計略効果もあるけど、ステータスに補正がかかるので各キャラに合ったものをきちんと配置させないとダメなんですよね。今となっては命中アップする騎士団手放せない。

特に3つ目はね、あの赤いアーチのラインの意味よくわかってなかったんだよね。アホ過ぎる。でもそんな奴でもノーマル/カジュアルならクリアできるから。大丈夫大丈夫。

風花雪月、1周目は出来ることが少ない

教え子全員と食事も出来ない休日なんてポイズン

散策で出来ることは6種類以上あるけど序盤の行動回数2とかだから。笑えない。出撃も出来て1回。外伝発生かぶると地獄。ノーマルだと出撃回数消費しないフリクエあるのが救い。とりあえず予定詳細を確認する癖はつけておこうと当時の自分に言いたい。カレンダーに何もない時に出撃できるよう調整できるとベスト。

指導レベルが上がると散策の自由行動回数が増える。のですが。序盤、それも1周目だとなかなか思うように上がらないんですよ(2周目以降は名声値で指導レベルを上げられるため超快適になる

そんなふうにやれることが限られてるからこそ、最初の教え子たちには特に愛着が湧くんですよ。迷いに迷った末に黒鷲の学級を選択。読み方はアドラークラッセ。カッコいい。級長から各生徒の紹介を聞いてティンときたのも大きかった。

紅花ルートは1周目向きじゃないと言われるが

そんなん知らんもん!それにあそこであの選択肢選べるかっての!!

ただ実際にプレイしてみて「あー、確かに1周目向きじゃない要素もあるにはあるなー」とは素直に感じました。ネタバレにならない範囲で言うと

  • 主人公と教団の背景はフォーカスされない
  • とあるキャラの強制離脱が痛い
  • とある敵を倒せない

このあたり。逆に言うと紅花ルートで明らかにならない謎は他学級ルートで判明する感じ。どのみち全ルートやらないと回収できない情報だらけなので黒鷲のメンバーが気に入ったなら迷わず選んでいいと思う。

あとは某キャラの強制離脱ですね。ストーリー的にしょうがない面はあるのですが。とはいえノーマルなら代わりのキャラをスカウトせずとも何とかなるのであまり気にしなくていいかも。知らずにそのキャラを踊り子にしてもどうにかなる。

あとあいつらとの決着がつけられなかったのが一番モヤモヤポイントかもしれない。話の流れ的に紅花ルートですぐ倒していい相手ではないとわかるんですけど、あれだけのことをしてくれたのでやっぱりシバきたかった。他ルートだと倒せるらしいのでその時はボコボコにする。

でもよくわからないけどやり遂げたぜ!みたいな爽快感はありました。OPタイトルもフレスベルグの少女だし最終MAPのBGMでめちゃくちゃ燃えたし。色々な意味で。

なんだかんだで1周目の学級が特別思い入れが深くなるので、黒鷲が気になるなら気にせず黒鷲を選んでほしい。

黒鷲の学級 各キャラクター感想(ネタバレなし)

ストーリーのネタバレなし

ですが、多少キャラ同士の関係などに触れてます。それも知りたくない人はブラウザバック推奨。

兵種マスターの順番と使用感がメインです。支援会話には触れていますが内容バレはありません。

ベレス(女主人公)

剣士→傭兵→ニルヴァーナ(マスターせず)→ペガサスナイト

CV伊藤静な先生。かわいい。強い。学校の風紀を乱すタイツ。散策の行動回数制限が祟り、ロクに技能上げが出来ずまさかの中級職フィニッシュ。これは手本にならないね。雑に使ってても強いので先生だけレベルがガンガン上がってしまった。連携計略で生徒が参加してくれるとうれしくなる。

個人指導で技能を上げてると先生!って感じがしてよかった。どのルートでもそうだけど、先生含めて1周目は得意技能と指揮に全振りでよかったなーと思う(均等に上げるとクラスチェンジ条件満たせなくなるのでかえって詰む)とりあえず物理キャラは斧Cでブリガンドマスター安定。先生教え子の育成に必死で自分は取るのを忘れました。先生に関してはなくても強いけど。聖人像の強化も忘れずに。

例の選択肢はギリギリまで迷いました。エーデルガルトの頼みを聞いてそんなに時間も経ってないのにあの選択肢はないですよ。だからこそ1周目で彼女と共に最後まで駆け抜けることができてよかったと思う。でも1周目であっち選ばないとどんどん選びにくくなるっていうのもひしひしと感じている。つらい。

そんなエーデルガルトとのペアエンドより彼女とヒューベルトの未来を望んだ先生であった。後悔はしていない。

エーデルガルト

戦士→ブリガンド→ウォーリアー→アーマーロード

我らが級長、フレスベルグの少女。アドラステア帝国次期皇帝。かわいい。

可憐で華奢な見た目から魔法キャラだと思っていたら力がゴリゴリ伸びる近接パワータイプ。斧で敵を薙ぎ倒していく皇女様つよい。

主人公との支援会話で過去何が起きたか吐露してくれるのですが、それ聞いたらお前、協力しないわけにいかないだろうと!(紅花ルートポチー)

彼女、生真面目で頑ななところもあるのでフェルディナントやリンハルトがいなかったら暴走してた可能性もあるなと感じました。特に金鹿だとそのふたりを外伝的にスカウトすることになるのでやっぱり重要ぽい。黒鷲の学級、全員がいてこそ紅花の覇道なんだなと。

それでもう最終MAPのギミックとBGMがまた合うんですわ。なのに移動力の低さが災いしてあまり活躍させてあげられなかったという。周回引き継ぎで最強になった黒鷲メンバーともう一度紅花ルートやりたいのでその時はちゃんと対策します。

しかし2周目以降青獅子や金鹿を選ぶということは…そういうことなので覚悟は決めました。

ヒューベルト

修道士→メイジ→ダークメイジ→ダークビショップ

黒鷲を選んだのは大体こいつのせい。好き。なかなか聞くことのできない小西克幸のねっとり暗いボイスがクセになって耳が蕩ける。魔力が高くドーラでも敵を薙ぎ倒してくれる心強いユニット。ローレンツだけスカウトしてテュルソスの杖は彼に持たせてもよかったかもしれない。

エーデルガルトの側近だしこの見た目だし年が離れてるのかな?と思って名簿見たら結構若くて驚いた記憶。1部より2部の方が若く見える気がする。好き。

こう、エーデルガルトへの感情がほんと…単なる忠誠とも恋慕とも違うのがまた良いんですよね。ベレスとの支援Aでうっかり結婚しそうになったけどエーデルガルトと彼の支援Aを見たら身を引くしかなかった(?)それ以外の支援会話だとフェルディナントのが好き。それと食堂での特殊会話が最高なんですわ。支援レベルによって会話変わるとか聞いてない。

いずれ銀雪ルートも回収したいので覚悟再び。

フェルディナント

兵士→ブリガンド→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター

我が名は!フェルディナント!フォン!エーギル!!!!!

帝国の宰相エーギル家の嫡子。父親の生え際が遺伝しないことを祈ってる。

戦闘中にフルネーム連呼するのですぐに名前を覚えることができる。序盤は采配ミスで撤退させること多数(ひどい)、しかし最終的に主力に成長してくれました。ドラゴンは偉大。終盤はドラマスの機動力で難を逃れる場面も多かったな。

個人スキルが優秀なのに屈指のスカウト難度を誇ることでおなじみのエーギルが最初から自学級にいるのは大きいですね。普通にプレイしてたら主人公の重装なんてまず上げないし、支援B解放タイミングもスカウト期限ギリギリという鬼畜仕様。2周目で支援解放してもそこまで待たなきゃいけないなんて聞いてない。

黒鷲の中では一番成長したんじゃないかな。エーデルガルトのことも父親のこともあったしよくがんばったよ。他人に頼るんじゃなくちゃんと自分で答えも見つけてさ。好き。そんな彼だからこそヒューベルトとの関係性の変化がグッとくるんですよね。本当になんてことをしてくれるんだ支援会話は。

現在金鹿2周目1月ですがいまだにスカウトできてません。こんちくしょうめ!でも簡単になびかないところも好…いやはよスカウトされろやお願いします。頼むから。

ベルナデッタ

戦士→アーチャー→スナイパー→ボウナイト

戦闘中でも散策中でもなんなら支援会話でも悲鳴がうるさい。声がとてもかわいい。好き。引きこもるのと絵を描くことが好きということでとても親近感が湧いたキャラ。こう見えてヴァーリ家のご令嬢。

技がガンガン上がるし個人スキルの被害妄想で常時火力上がってるようなものだから結構強かった。クリティカルもしょっちゅう出る。やだやだやだ来るなぁ!しっかしボウナイトの低成長、噂では聞いていましたがここまでとは。ベルのせいじゃないよ。引きこもり関係ないよ。

なんと2部終盤までスキル変更や戦技変更の存在に気づいていなかったダメ先生によって超絶便利な囲いの矢をいつまで経っても打たせてもらえなかった。マジごめん。

とにかくかわいい。一見ネタ枠引きこもり娘ですが…とにかくドロテアさんとの支援レベルを上げるんだ。話はそれからだ。ここぞという時は外に出てるし心優しい子です。

フェルディナントとの支援会話が一番好きだったりします。支援Cで萌えてBは尊さのあまり天を仰ぎ、最終的にAで爆発した。ペアエンドあざーっす!!!!!なおペアエンド見た過ぎてずっと戦闘中隣接させてたら1部時点で支援値カンストしてた模様。

ベルナデッタ役の辻あゆみさんがやってる実況動画好きです。ベルがふたりいる。すごくかわいい。序盤の戦闘でストーリーのバレはないし、こんな感じのゲームなんだってのがよくわかるのでよかったら見てね。

カスパル

戦士→ブリガンド→グラップラー→ウォーマスター

どっせーい!!(クリティカル)(相手は死ぬ)(好き)

最初は初期値が低すぎてすぐ死ぬしなんだこいつ…って思ってた。でもキャラが良くて散策中に話しかけたり支援見るうちに大好きになっていった。根気強く育てたらめちゃくちゃ強くなったし土下座。ウォーマスターになってからはクリティカル製造機。マジ強い。黒鷲は後衛キャラが多いしフェルディナントとカスパルいなかったらほんと詰んでたと思う。

庶民っぽいけど貴族の次男坊。次男だからこそ武功を立てないと!って努力してる姿に好感が持てる。ドロテアさんとの支援は必見。

テンプレな脳筋タイプなんですけど、正義感も強くて、それゆえに失敗して色々考えたり悩んだりして…そこから成長していく姿が本当にいいんですよ。あと2部の顔グラとCGがすごいイケメン。クリティカル出すたびに思わずドキッとしてしまうくらい顔がいい。どっせーい!

あとはペトラとの支援。どうなることかと思ったけどカスパルが出した答えがほんと、ほんともう…。

青獅子では外伝のためにスカウトする必要があるので今から胃が痛いです(黒鷲メンバーだけでなくベルグリーズ伯を敵に回すことになるので)

ペトラ

剣士→傭兵→ブリガンド→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター

ブリギットのお姫様。素直で真面目で努力家ながんばりやさん。好き。リンハルトやアッシュくんとの支援でよく表れてる。あのヒューベルトですら最終的には…でしたからね。

魔防の低さを補いきれず(ドーピングアイテムは全部ベレスに使った)、結構な頻度でピンチに陥ったのでぺガサスからのファルコンナイトにしてもよかったかなと思う。ちゃんと弓兵が多いとこでは降りような過去の自分。ペトラは育成ルートが色々あるので君だけの最強のペトラを育てよう。あとサイレス使えるキャラスカウトしておけばよかったな。敵のサンダーストーム使いホント嫌い。

カスパルとの支援上げ過ぎてペアエンド迎えたのですが、支援Aの会話からそこまでいくと思ってなかったのでびっくりしました。青獅子だとそんな彼と戦わせることになるはずなのでつらい。でも彼女の過去を考えると最初から敵対できた方が楽なのかもしれないなと思う自分もいる。でもでもだからこそカスパルとのペアエンドに意味があるので…まだ2周目金鹿なのに情緒がメチャクチャである。それはそれとしてドロテアさんにずっと甘やかされていてほしい(本音)

リンハルト

修道士→プリースト→ビショップ

ザ・回復キャラ。序盤のライブ回数制限に泣いた。前線に出たくない理由も共感し過ぎて泣いた。

才能を活かすとか面倒なことよりも自分がしたいことをするって姿勢がいいんですよね。主に昼寝とか昼寝とか。あと研究。内務卿ヘヴリング伯の息子でありながら貴族らしさの欠片もない。好き。

黒鷲の生徒の中では性格が一番好きだったりします。自分の芯をしっかりと持っているので迷いがないところはカッコイイ。お互いの立場を気にせずズケズケとした物言いが出来るのでエーデルガルトも道を外さなかった部分があると思う。さすがにあの言い方はないだろうとも思ったんですが、あれくらい言わないと彼女には伝わらなかったでしょうし。

紅花ルートに進んだことでとあるキャラとの支援Aが見れなくなったことが痛かったかな。彼の紋章好きもあって、紋章に縁深いキャラとの支援がやっぱり面白いですね。特にリシテアとの支援。他と毛色が違うというか、かわいくてずっとニヤニヤしてました。恥ずかしいセリフをなんてことのないようにさらっと言うのずるい。あとハンネマン先生との支援も見たかった(スカウトする余力がなかった先生)

外伝のこともあって金鹿でもスカウト。安心感がすごい。ずっとリシテアの副官やらせてます。結婚してくれ。

ドロテア

修道士→メイジ→ウォーロック→踊り子だったりグレモリィだったり

みんな大好きドロテアさん。黒鷲唯一の平民であり歌姫。マクロスのシェリルを思わせるし実際似てる所が結構ある。好き。

学級のメンバーをあだ名で呼んでるのが可愛かったですね。先生のこともあだ名で呼んでええんやで。

彼女はリブロ―(遠距離回復)に加えて射程3のトロンやメティオなど、使い勝手のいい魔法を覚えるので大活躍してくれました。大体トロンとリブローで戦場駆けずり回ってた。踊り子にもしたんですけど、回復キャラをスカウトしていなかったのもあり終盤ほとんどグレモリィにしてた記憶。もったいないことをしてしまった。でも回復も攻撃も本当に頼りになるユニット。

そしてベルナデッタやペトラとの支援で彼女の包容力にやられた先生は後を絶たない。と思う。どのキャラとの支援もよかったけど、個人的にはリンハルトとの支援が一番好きかも。あとマヌエラ先生との支援も見たかった。ハンネマン先生と同じくスカウトできなかったのでいつか。

???

またの名を闇魔法試験パスおじさん。ヒューベルトがお世話になりました。

紅花ルート限定で仲間になるので一応名前は伏せておきます。ぶっちゃけ顔が一番好みでギリギリまで結婚相手にするか迷ったユニット。お茶会でいつまでも眺めていられる。とにかく顔がいい。主人公との支援Cで発覚する食事の好みは必見。

ブリガンド→ドラゴンナイト→ドラゴンマスター

個人スキルと知識の宝珠であっという間に兵種マスターしていったすごい奴。加入時期が遅いから救済措置も兼ねてるんだろうけど即戦力になったので助かりました。

ちなみに書庫で本を読むと本名から出自に至るまで思いっきりネタバレされてたりもする。序盤で読んでも固有名詞がカタカナばかりで覚えられないしあんまり気にしなくていいけど。自分も2周目で読んでて気がついたので。

普通にやってたら黒鷲であのキャラをスカウトすることはないし(推しになった人は別として)、終盤のマップでそのキャラと敵対会話発生させないとそもそも気がつけない仕組みにはなってるんですけどね。自分も適当に突撃させたら敵対会話発生してド肝抜かれた。気になる人は片っ端からネームドキャラに突撃させておこう。

他学級からのスカウト組

アッシュくん

アーチャー→ブリガンド→スナイパー→ボウナイト

ガルグ=マクに舞い降りた天使。比喩でなく天使。

最初は個人スキル(鍵なしで宝箱開けられる)目当てでスカウト。しかしあまりの天使っぷりに即最推しに昇格。毎月のように一緒に料理を作り食事を共にし、商人から買った品を貢ぎ、落し物は爆速で届け、温室で育てたスミレをプレゼントし続けていたらいつのまにか結婚していたユニット。いやほら、最初は生徒同士のペアエンドが見たかったから。それに彼が初めてスカウト成功した子だったので格別思い入れがあったのもあります。

序盤ちゃんと生徒と話してなくて、家族のことを後から知ったのでダメージが凄まじかった思い出。逆にその一件があったからこそ帝国側についても違和感がないという絶妙な匙加減。好き。あんな生い立ちで、だからこそ秩序善であろうとするアッシュくんが大好きです。先生にはもったいないくらいの良い子。

彼の外伝で入手できる風呼びの靴を使ってドラゴンに乗せたら最強の宝箱回収要員になるので、黒鷲選んだ人はスカウトして損はないです。もちろんボウナイトにしてもベルナデッタと共に大活躍。ただベルと違って火力は心もとないのでブリガンド経由して鬼神の一撃は取っておいたほうがいいかな。

カスパルとの支援会話で敬語なしでしゃべってる姿が一瞬見られるので必見。先生にも敬語なんて使わないでほしい。

シルヴァン

ブリガンド→ソシアルナイト

シルヴァンごめんほんとごめんって終始謝ってた。だって女主人公なら無条件でスカウトできるって聞いて軽い気持ちで勧誘したらこんなことになるなんて思わなかったんや。許せシルヴァン。帝国の飯は旨いから(?)

正直シルヴァンに限らず青獅子の生徒はアッシュくん以外誰をスカウトしても地獄。逆もまたしかり。だってシルヴァンの幼なじみってフェリクスとイングリットだから、ほら…ね?もっともスカウトしないと敵対会話が見れないのでほんと悩ましいところ。ちなみに余裕がなくきちんと育成しきれなかったのでフェリクスに突撃させたらあっさり倒れてイングリットまでたどり着けなかった。ほんとごめん。

青獅子にしろスカウトにしろ支援Bで被弾した先生が多数と思われる。私もその一人です。

結局ソロエンドになってしまったのが悔しい。ドロテアさんとの支援Aすごく好きだったので。でもソロエンドの内容でしこたま笑ったのでよしとします。なお彼女とのペアエンドの座はリンハルトが持って行った模様。がんばれシルヴァン。

リシテア

メイジ→ウォーロック→グレモリィ

最強魔法少女あおちゃん。悠木碧さんほんとピンクの魔法少女に縁があるな。それだけでなくこの子もか…いやなんでもありません。

彼女のスカウトに成功していれば戦闘はマジでどうにでもなる。クマの人形と焼き菓子をせっせと貢いだ甲斐があった。なお実家のコーデリア家は親帝国派なので黒鷲にいても違和感がない。奇跡(最初知らなかった)

後述のテュルソスの杖を持たせることで最強魔法砲台と化すのでローレンツもスカウトしておこう。そしてローレンツの良さに気づいてうっかり沼るといい。

彼女はエーデルガルトとの支援とペアエンドがあって紅花でしか見ることができないので、見たい人はどのみちスカウト必須。しかし1周目ではヒューベルトに勝てなかったよ…ソロエンドの内容がグサッときたので次は絶対ペアエンドにすると誓った。今金鹿やってるけど多分相手リンハルトになりそう。

ローレンツ

ソシアルナイト→パラディン

ローレンツ=ヘルマン=グ↑ロスタール。エーギルと同じくよくフルネーム連呼してくれるのですぐ覚えた。なおグロスタール家はコーデリア家と同じく親帝国派なのもあって黒鷲にいるのも自然。

彼をスカウトして外伝クリアするだけでテュルソスの杖が手に入る。この杖、なんと装備するだけで魔法攻撃の射程+2というとんでもチートアイテム。さす遺産。弓兵の反撃を喰らうことなく攻撃できるので超便利。そしてリシテアがMVPをかっさらっていく。

そんな感じで杖要員としてスカウトしたのに今では彼自身のことがめちゃくちゃ好きになっていたりする(でもマリアンヌと結婚してもらう)

見た目といい性格といい主人公との支援C会話といい、なんだこいつって思ってた。でも会話するたび好感度が爆上がりしていくすごい男。2周目金鹿やってますがいまだに株が伸び続けている。マジでいい奴だし支援会話を見れば見るほど好きになる。そんなキャラ。2部のグラが全キャラ中一番好きまであるかもしれない。

あとほんと…某メインストで某キャラと戦った後に散策でローレンツと会話するとだな…その時の会話がめちゃくちゃ好きでな…これだけだと何のことだかわからないと思うので節が変わったらこまめに話しかけてあげてほしい。ついでに薔薇もプレゼントしちゃって。

ちなみに某メインキャラっていうのは彼が何かと食って掛かるあいつです、あいつ。

引き継ぎ2周目も楽しい

そんなわけで風花雪月1周目、紅花ルート感想でした。今は追加DLC購入して2周目やってます。

DLC購入によって

  • 入浴
  • 追加クエスト
  • 犬猫との交流
  • 兵種追加
  • 衣装着せ替え
  • 灰狼の学級追加

など特典がたくさんなので買っておいて損はないです。最近はもっぱら推しを引き連れてサウナ入ったりワンちゃん猫ちゃんに魚を貢いだりしています。楽しい。

1周約60時間で4週することになるのでこれ一本で長いこと遊べます。本当おすすめ。

今からでも遅くないよ。