Excel VBAの資格は取るべきか

Excel VBAの資格は取るべきか

これ、最初に悩んだんですよね。

資格を取ったからといって実務で使えるコードを書けるとは限らない。けど、基礎を勉強して損はない…

自分なりに色々考えた結果。ひとまず資格は後回しでいいんじゃないかなと。

VBAの資格は仕事に必須ではない

WordとExcelについてはMOSエキスパート取得持ってます。

仕事で使う内容もそこそこ試験範囲に含まれているので、まったく無駄になったとは感じてません。

ただ、VBAはちょっと毛色が違うんですよね。

まずVBAが自力で書けないと

意味がない!

関数は覚えてしまえば問題なく使えます。色々組み合わせるコツをつかむまでが大変だけど…

でも、VBAはそもそも動かないと話にならない。最低限処理が実行されないと困る。なのでどれだけ簡単でも規模が小さくてもいいから、自力でVBAを書けるようになるのが最優先だと思うのです。

実際に勉強はじめたばかりの時は練習問題(めちゃくちゃ簡単なやつ)ですらロクに組めませんでしたからね…

資格あり≠VBAが自由に組める

特にWordやExcel、簿記あたりと違うのがここだなと。この辺は資格が取れた時点で、基礎知識もある程度身に付いてるんですよね。

もちろん実務にそのまま生かせるわけではないけど、何も知らない状態とは天と地ほどの差はある。

ただVBAに関しては知識があっても「動かせるものを作れるか」というとまた別なんですよね。

ぶっちゃけ資格あります!って人と資格はないけどこれまでこういうものを作って業務改善しました!って人がいたとして。自分が採用担当なら後者の人ほしいなーと思いますし。

なのでまずは自分で書ける、組める、動かせることを目標にすべきかなと。

VBAスタンダードの出題範囲、最初はちんぷんかんぷんでした。今になって見ると、資格の勉強してなくても多少解けるようになってるんですよ。

コードが何を意味するのか、何のためにこのコードを書いているのか。それがわかるんですよね。

先に資格の勉強してたら、実際どういう場面で使うのかわからないまま丸暗記するだけになっていたと思います。

ほんの少しでも自力で書けるようになった今の方が、仕事と結びつけて効率よく勉強できそうだもん。

Excel VBAの資格を取る前に手を動かそう

というわけで、この結論になりました。

実際に今ずっとExcelの真髄の練習問題繰り返してます。苦手な所を何も見ずに組もうとすると、やっぱり途中でつまずくんですよね。

初歩の初歩のコードも自力で組めないのに、資格の勉強しても本末転倒だよな…と今は思います。

もちろん、資格取得がとっかかりになってやる気が出る(コードの勉強や練習がやりやすくなる)タイプの人はこの限りじゃありません。

勢いで資格を取る前によく考えよう!というお話でした。受験料もバカにならないもんね…

こちらもどうぞ