Amazonアソシエイトからもしものかんたんリンクに移行した

物販サイト

ホシタニです。

色々登録もしていましたが、ASPは物販アフィリエイトだけでも十分だな~と思い立ち使っていないサイトは退会しました。そして肝心の物販リンク。いわゆるAmazonアソシエイトとか楽天のですね。

今まではAmazonリンクはアソシエイトから貼っており、一度だけ振込基準に達しました。半年くらいかかったかな?

しかし。

そんな矢先にアレは起きたのだった。

(マジかよって声に出たよね)

その後もレビューやら検索結果やら置き配が云々とか色々…なのでいったんアカウント情報でたらめにして上書きすることに(詳しいことはググってね)

今はAmazonで買っていたものの代替品を他で探してます。あとひとつふたつで終わるので、その後にアカウントも消そうかなと考え中。しかしそうすると今度はアソシエイトもできなくなるということで…

他のASPでもAmazonや楽天のリンクは使えます。その中でももしもアフィリエイトのかんたんリンクが特に楽だったので全部張り替えました。全部です。タイヘンダッタ

ただどちらの方法でもメリットデメリットがあるので比較しておきました。自分に合うやり方を選ぶのが一番ですし。もちろんアフィリンクなんざ貼らねーよ!というスタンスもアリですし。

結論だけ知りたい人は目次から【まとめ】に飛んでください。

物販リンクを貼るときのマイルール

自分がAmazon使ってないのにブログにリンク貼るのかよ、としばらく悩んでました。

Amazonのデメリットを分かった上で利用している(せざるを得ない)方のため、といえば聞こえはいいですがやっぱり引っかかって。なのでせめて、自分でルールを作ってそれを守ろうかと。

このブログでのルール

基本は楽天とYahooのみ貼る。Amazonにしかない時だけAmazonリンクを使う

これで統一してます。
あくまでも自分で決めて自分で勝手にやってるだけです。

例外として、商業デビューしたばかりの漫画家さんの書籍はAmazonのリンクも貼ってます。個人的に応援したいから。例えばこの記事。腸よ鼻よはいいぞ(ダイマ)

逆にゼロティーみたいに既に有名な作品では貼ってないです。

プラグインを使わずに物販リンクを貼る

ここからが本題。

Amazonアソシエイトにしろ他のASPにしろ、便利なプラグインを使えば綺麗で見やすい物販リンクを作ることができます。

しかしそこでコイツが立ちはだかる。

私の場合は振込基準までいっても解禁されなかったです(タイミングや他の条件諸々あるでしょうが)ブログ始めたばかりの人はプラグインを使えない、と思っていた方がいいと思ってます。

ということでプラグインを使わない楽な方法でリンクを貼りたい。やるとしたら2通り。

方法① 純正リンク(Amazonと楽天)

ひとつめがAmazonアソシエイト楽天市場の純正リンクを使うスタイル。

カッテネというサービスもあるのですが、こちらの方法が楽だなと感じました(Gutenberg対応なので)

詳しくは上記の記事を見ていただくとして、この方法だと

  • PA-APIの影響を受けない
  • プラグインに依存しない
  • リンクボタンを自由に増やせる
  • リンク貼りにそこまで時間がかからない

このあたりが大きなメリット。少し試してみましたが、画像リンクとテキストリンク(と詳細情報)をコピペして貼り付けるだけで終わります。思ったより楽でした。

この方法の利点は、ヨドバシカメラなどアフィリエイト関係なくリンクを追加できること。普段自分が使ってるサイトとかね。

デメリットとしては

  • そもそもの審査が厳しい
  • 他のASPリンクは不可

ですね。
特にAmazonは審査が厳しくなっている印象。ブログも作ったばかりだと通りにくい(あくまで体感)なので、ある程度ブログを育てないといけない。

あとはAmazonの振込基準は5,000円以上だし、楽天も銀行振込にするには3ヶ月連続で5,000ポイント以上を満たす必要があります。Amazonはともかく楽天ポイントで問題ないよって方には関係ありませんが。

それと、他のASPリンクでは出来ませんでした。
A8やバリュコマなどのAmazonリンク。なぜかと言うと必要なリンクを抜き出して貼ることがリンクの改変にあたるから。

生成された広告コードを広告主に無断で変更することは禁止しております。
バナー画像の変更、テキスト広告の文言の変更、広告コードからリンク部分のみを使用すること等が該当します。

A8サポートガイド|step4広告を掲載する

それでもこの方法ならアソシエイト側で大幅な規約変更がない限り、受ける影響が最小限で済みます。

方法② かんたんリンク(もしもアフィリエイト)

私は悩みに悩んだ末にこちらを選びました。ネットで色々言われたりしていますが、利便性には代えられないなと。

もしもアフィリエイトの機能を使うパターン。これもプラグイン不要でPA-APIの影響は受けません。

「かんたんリンク」から商品名を入れて商品を選択

HTMLソースを1行にする(WordPress対応) にチェックを入れる

リンクボタンを選択

生成されたリンクをコピー

カスタムHTMLボックスに貼り付け

たったこれだけ。
Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのリンクが一度に作れちゃいます。

…リンクだけに…(小声)(審議拒否)

それは置いといて。
デフォルトでレスポンシブ対応なのでCSSを追加する必要ナシ。楽ちん。

ググればCSSカスタマイズ記事が出てきますが、万が一が怖いのでデフォルトのまま使ってます。

この方法のメリットは

  • とにかく速い
  • ボタンリンクの並べ替えができる
  • CSSをいじる必要がない
  • 振込基準額が1,000円~

これに尽きます。とにかく楽。そして何より速い。

商品検索して決定したら3サイト分のボタンリンクが出来てる。しかもデフォルトでそれなりに見やすいときた。あとはボタンリンクの色だけ変えられたら最高(※CSSによるカスタマイズは自己責任で

あと確定1,000円以上で(※住信SBIネット銀行なら1円から)振り込まれるのも大きいです。地味に大きい。

デメリットとしては

  • Amazon、楽天、Yahoo以外のリンクは作れない
  • いつ案件終了するかわからない

こんなところですね。
上記以外のリンクを追加したいならかんたんリンクでは無理です。

あとはもしも側で取り扱わなくなったらジエンド。これをどう取るかですね。もっとも、Amazonも楽天もいつまで続けてくるのかはわからないわけですが。

私個人としてはその時はその時だな、と腹括ってます。終わったらそれまでさ。

【まとめ】純正リンクとかんたんリンクを比較

ざっとまとめるとこういう感じ。

純正リンクかんたんリンク
作成時間少しかかる速い
審査厳しい甘め
振込基準5,000円~1,000円~
カスタマイズ自由制限あり
他のリンク先追加可能不可

自由度を重視するなら純正リンク簡便性や利便性を重視するならかんたんリンクかなと思ってます。特にもしもなら3ヶ所からの振込が一元化できるわけで。

自分がどうしたいか、で合う方法を選んでくださいね~。