キャッシュレス生活は感染症予防にもなるかもしれない

キャッシュレス 感染症予防

ホシタニです。
最近は現金を使うことがめっきり減りました。

現金を使うのは一部のお店や病院のみ。もちろん万が一の時のために常に持ち歩いてはいます。エラーとかで急に決済出来なくなることはありますし。

基本はカード、電子マネー、PayPay

コンビニや本屋などではQUICPay、ある程度まとまった買い物をする時はカード払い、それ以外でたまにPayPayを使う感じです。

このくらいならあまり混乱せずに使えてます。

面倒なことを強いて挙げるなら、PayPay使う前にセブン銀行でチャージするのが手間なくらい。あとは口座残高にゆとりを持たせておくことくらいかなぁ。

こういうことになって泣きを見るので…!

それはともかく、支払い後はすぐZaimに記録する癖をつけたので、お金の管理自体はむしろ現金時代よりもきちんと出来てますね。ポイントもザクザク貯まります。

そんな生活に慣れてきた矢先の新型コロナ流行。

必要な買い物をする中でキャッシュレス生活は変わらずに続けていましたが、その中でふと思うことがありまして。

現金の受け渡しをしないので気が楽なんですよ。

現金だとどうしても自分と店員さんが間接的に接触してしまうじゃないですか。トレーを介してもお金自体は触ってしまう。

けどQUICPayならタッチするだけだし、気兼ねなく支払いが出来ました。店員さんも多少気が楽だったんじゃないかな。そうだといいなって思ってる。

PayPayも地方だとバーコード読み取り形式は少なくて。金額をこっちが入力して支払うことがほとんどなので、お互い距離を保ったまま決済できます。

なので、あとは帰宅してからスマホをアルコール除菌シートで拭くとか、手洗いうがいだけに集中出来るんですよね。

これは意外な利点でした。

カード以外のオススメはQUICPay(iD)

セブン銀行からの現金チャージでも、PayPayは抵抗があるという人も多いと思います。

そういう人にはQUICPayやiDがオススメ。後払い式の電子マネーです。

スマホを機械にかざすだけで支払い完了しますし、支払い前に指紋認証等する必要があるので安心。

使った分はカードから引き落とされるので、チャージの手間もないですし。繰り返しになるけど口座残高の確認は必須!!

有名どころだと

このあたりのカードかな。どれも一長一短あるので自分の生活に合うものを選ぶのがよいかと。

このサイトがわかりやすくて好きです。

もちろんキャッシュレスに移行したからといって、風邪とかを完全に防げるわけではありません。それでも、コロナ以外にもインフルエンザやノロウィルスなどかかりたくない病気はたくさんあるので…。

そういう機会を少しでも減らすことには貢献してくれてると感じます。

おわり。