仕事が暇な時にできること。スキルアップのチャンスを活かすべし

ホシタニです。

以前に「仕事でスキルアップできない…」と悩んだ時にチャレンジしてほしいこと、という記事を書いたのですが、ふと思うことがありまして。

これまで数社で働いてきました。一息つく暇もないほど忙しいところもあれば、ツイートのように繁忙期と暇な時がはっきり分かれている職場もありました。

仕事がなくて暇で暇でしょうがない。そういうことが結構あって。実際そんな時って、どうしてますか?

もちろん職場の環境によってできることは変わってきます。それでも、意外とできることは多いんですよね。

仕事が暇だから、もっとやりがいのある環境に転職したい。それもひとつの選択肢です。

ですがその前に、せっかくの空き時間を余すことなく使ってみてはどうでしょうか。空いた時間はスキルアップの貴重なチャンス。転職するのはそれを活用しきってからでも遅くないですよ。

状況別:仕事が暇な時にできること

状況別:仕事が暇な時にできること

仕事でやることがない。超ヒマ。そんな時にできることは意外と多いのですが、職場によっても変わります。

分類するとこんな感じ。

一番チャンスがあるのは③のゆるめ&ネット可の職場。実際にこんな職場に勤めてますが、暇な時に勉強することは認められています。めっちゃありがたい。

逆に一番つらいのは②の職場ですね。ルールが厳しく、ネット閲覧の環境がない…。専門知識やスキルを磨けるタイプの職場ならよいのですが、そうでなければ転職を検討してもいいかも。

【要注意】暇な時間に勉強する前に

それでは職場のタイプ別にやれることを見ていきましょう…と、言いたいのですがその前に。勉強する前にやるべきことについてまとめます。

「暇な時はスキルアップのチャンス言うたやんけ!」と言われかねないので、理由を説明しますね。空き時間を勉強に充てていいのは、最後の最後です。

なぜなら、仕事を確実にこなせるようになるのが最優先だからです。

ここで、いったん想像してみてください。

あなたの同僚は普段からミスが多く、よく上司から怒られています。ミスをあなたがフォローすることもしばしば。仕事の全体像も把握できていない…という困った人。

その同僚が「やることなくてヒマだから」と、資格取得の勉強をしてるようです。

あなたはそれを見て、どう感じますか?

少なくとも私なら「勉強する前にまずちゃんと仕事しろや!!!!!!!」と憤ります。(口には出しませんが)

空いた時間に勉強ができるのは、普段の仕事が評価されてこそ。最低限そこはクリアしておきましょう。

勉強する前にやっておくべきこと

  • 仕事の下準備
  • マニュアル作成
  • 机周りの整理整頓

まずは下準備。例えばすでに先の予定がわかっていて、報告書のFMを整えたり…など。必ず発生する仕事に関しては前もって準備しておくと対応が楽なので。

次がマニュアル作成。
職場にあればいいのですが、細かい手順が省略されているなら自分用に作った方がいいですね。

仕事を辞めるための下準備【辞める時すごく楽です】での例のように、フローチャート形式で書くと間違いが少ないです。加えて、「誰がやっても同じものができる」マニュアルになります。

マニュアルを作ることで、今やっている業務の理解も深めることができます。そこで湧き出た疑問があれば調べる。必要な知識がわかれば後々それを勉強するだけです。

最後が整理整頓ですね。
机の上はもちろん、引き出しの中も最小限のものだけにしておきましょう。

きちんと片付けていると、自分が休んだとき引継ぎ事項をスムーズに伝えられます。職場側も必要な資料等すぐに見つけられるのでお互いにとても楽ですよ。

ちなみに、これらを優先して終わらせておくことはスムーズな退職の下準備も兼ねています。

「準備できてるしいつ辞めても大丈夫」と思えるようになると、心に余裕が生まれます。万が一パワハラなどで疲弊して辞めることになっても、引継ぎや片付けがすごく楽になるのでおすすめしています。
» 【退職の下準備5選】仕事をスムーズに辞めるためにやっておくべきこと

きちんと日々の業務をこなすことができ、周囲の信用を得ている。空き時間に勉強するのは、それからです。

周りから「〇〇さんは普段きちんと仕事してるからなぁ」と思われれば勝ちです。文句を言われる確率がグッと下がりますから。

それでは今度こそ、職場タイプ別にできることをまとめていきます。

厳しい職場の場合

まずは厳しい職場の場合から。

厳しい職場でスキルアップするコツは、口うるさい人がいない時にだけ勉強すること。会議や外出、出張中がチャンス。

先に述べた通り、普段の仕事をしっかりできていれば空き時間に勉強していようがとやかく言われることはほぼありません。

ただ、それでも口うるさい人や「あなたが勉強している」こと自体が気に入らない…という困った人がいるのも事実。

かつてこういう職場にいましたが、本当にストレスやばかったです。マジでやることないんだから勉強くらいさせてくれや(本音)

だからこそ、厳しい職場では目立つことをしないのがおすすめです。その方がストレスが少なく、円滑に過ごせるので。口うるさい人に目をつけられてもいいことはないです。

逆に、たくさん勉強して仕事がもっとできるようになれば。うるさい上司も黙ってくれるかもしれませんね。

①厳しい&ネット閲覧〇

厳しい職場環境では、今の仕事を深めることに専念すべき。未経験の分野に転職したいからとかの理由で、無関係なことを勉強しているとさすがに咎められます。

厳しい職場は、業界自体が厳しいことが多いですから。法律遵守が求められたり、金融機関系は特にです。

なのでネットを活用して勉強しましょう。例えば私が医薬品の品質管理に携わっていた頃。まさに①のパターンだったので、ネットには大変お世話になりました。

・品質管理の基本
「日本薬局方」ホームページ
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
医薬品医療機器等法

・機器分析について
HPLC // LCtalk53号入門 「アミノ酸の分析法」 : 株式会社島津製作所
アミノ酸分析試験のデータチェックもやったことあります。分析の実務は結局できませんでしたが…

製薬業界はとんでもなく厳しい業界です。すさまじく厳しいです。法律を遵守しなければいけないので仕方ないんですけどね。

国が定めた試験法や法律は嫌でも勉強せざるを得なかったです。それも日々新しくなっていく。海外試験法に目を通さないといけないこともあります。

特殊な例になってしまって申し訳ないのですが、今のあなたに仕事で必要な専門知識は身に着いていますか?普段何気なく使っている用語の意味を、正確に説明できますか?

それを本を読むなりググるなりで覚える。これだけでも全然違いますよ。国のHPだったり、企業サイト、業界のニュースをまとめたサイト…ネットの海には貴重な情報がごろごろ転がってます。

鬼の居ぬ間に、差をつけてやりましょう。

②厳しい&ネット閲覧×

困るのがネットが見れない場合。セキュリティーの観点から特定のPC以外ネットにつなげない、という職場もありますからね…。ちなみにこのパターンも経験があります。

その場合、本棚を探しましょう。

おそらく仕事に関係する書籍が置いてある本棚があるはず。読んでもいいか確認して、OKならここを活用しましょう。

多少古くても、今でも通用する内容が書かれていることは往々にしてあります。

わからない単語がでてきたらメモしてその都度調べたり、自分用に内容をまとめるのもいいですね。

ある程度基礎知識が身に着いて、実務にも活かせるようになってきたら資格取得を目指すのもアリ。知識のブラッシュアップになります。

職場によっては、難関資格取得者に手当がでたりしますので。
» 【資格取得の前に】今の自分が「独学向き」か「スクール向き」か確認しよう

こびと株さんの記事も参考になります。
» 簿記1級は価値ある資格!5つのメリットを現役経理マンが教えます【取る意味アリ】 – こびと株.com

ゆるめの職場の場合

基本的にやれることは、厳しい職場と同じです。

ただし、ゆるめの職場では転職に向けた勉強や副業に関わる活動をしやすいという大きなメリットがあります。

会社でブログ書け、とかいうわけではないのでご安心を。

③ゆるめ&ネット閲覧〇

今まさにこの環境で働いてますが、めっちゃ過ごしやすいです。時期によっては本当に暇なので、そのときに限っては読書や勉強がおおっぴらに認められています。神。

専門知識が求められる仕事ではないので、思い切って情報収集に時間を使うことにしました。

最新ニュースや業界の動向を調べたり、プログラミング解説してるサイトを見たり、ノートにブログネタを書き出したりしています。家に帰ったらブログを書くだけの状態になるので。

もちろん、そうする前に「できることありますか?」と確認したり急に仕事を振られたら即座に対応するようにしています。

ある程度普段の仕事ぶりを信用されているので、多めに見てくれているのだと思います。入社して半年ほどは仕事を覚えることに専念していました。

④ゆるめ&ネット閲覧×

この場合は読書に集中できますね。職場にある本でもいいし、自分で買った本を持ち込んでもいいですね。

または、資格取得の参考書やテキストなど。職場の人に勉強していることが知られていると身が入りますし。また、

  • 資格を取ろうと思った経緯
  • 資格取得のためにしたこと
  • 試験当日の過ごし方
  • 勉強してよかったこと
  • 仕事にどう影響したか

こんな感じでそのままブログの記事にすることもできます。

仕事が暇な時は大チャンス。できることはたくさんある

仕事が暇な時は大チャンス。できることはたくさんある

よくネットで「仕事が暇すぎる」「やることなさすぎてつまらない」なんて声を聞くことがあります。そしてずっと疑問でした。

空き時間にやれることを全部やった上でそう言っているの?」と。

これまでに述べた通り、空き時間にやれることって意外と多いです。それに気が付いていないとしたら…本当にもったいないと思うのです。

大切なことは、職場のルールを守ること。そして、普段の仕事はしっかりこなすこと。ルールを破ったら最悪クビですから…

仕事はきっちりやる。暇な時は時間を有意義に使う。

「暇だ」と愚痴をこぼしてただ時間が過ぎるのを待つか。「今のうちにできることをやろう」と工夫するか。

すべては、あなた次第です。

この記事を書いた人

ホシタニ